人権参観日・なかよし集会を行いました

 今日は「人権について考える参観日」でした。  
 
道徳科や学級活動などを通して、「相手の気持ちを考えることの大切さ」や「自分とは異なる立場や文化、環境で生きる人たちを理解していくことの大切さ」などについて、各学年に応じて真剣に考えました。
 
3時間目には、「笑顔の光を分け合おう」のテーマの下、「なかよし集会」を体育館で行いました。このテーマは、運営委員を中心に三津っ子が考えました。
 集会では、保護者の皆様や三津っ子一人一人が考えた人権標語の発表、そして低・中・高学年
団による発表を行いました。そして、全校で心を一つにして「今日から明日へ」を合唱し、「人権の大切さ」をかみしめました
 授業参観やなかよし集会では、多くの保護者の皆様にご来校いただき、「人権」について考える時間を共有できました。ありがとうございました。今日、一人一人が心に感じた「あたたかい気持ち」をこれからも大切に育んでいければと思います。
 地域からは、三津浜公民館長村上良男様がご来校いただき、最後まで熱いまなざしで集会をご高覧いただきました。ありがとうございました。今後とも、地域、ご家庭の皆様のお力添えをよろしくお願いいたします。