6年生 洗濯実習をしました

 9月28日第5校時、6年生は家庭科の学習で洗濯実習を行いました。

 これまでの授業で洗濯の仕方を学習してきましたが、いよいよ実習となりました。前日に履いていた靴下や汚れが付いたハンカチなどを各自用意し、改めて手洗いの洗濯の仕方を確認して実習に移りました。最初は一人ずつ慎重に洗濯石鹸を付けて洗い始めました。しばらくして慣れてくると、もみ洗いやつまみ洗いなどを試しながら汚れのひどいところもしっかり洗えていました。少し水が濁ったらすぐに水を換えようとするのを我慢させて、水の節約も考えさせながらの実習でした。中には力を入れすぎてハンカチに穴が開いてしまった子どももいましたが、どの子どもも洗う前より汚れが落ちてきれいになったのを実感していました。実習後の感想では、家でも洗濯をしてみたいと述べていた子どもがたくさんいました。

 6年生のみなさん、感想のとおり家庭でも自分の靴下やハンカチなどは、まず自分で手洗いしてから洗濯機に入れるなどするととてもきれいになりますね。汚れがひどいときは、ぜひチャレンジしましょう!家族の方も大変助かって喜んでくださると思います。