2019年12月の記事一覧

第2学期終業式が行われました!

 本日9時10分から第2学期終業式を行いました。
 終業式では、まず5年生代表児童が、2学期に頑張ったことや3学期の目標についての作文発表を行いました。2学期の頑張ったことと「仲間の大切さ」を改めて決意したすばらしい発表でした。 
 
その後、校長先生から2学期に取り組んだ学校行事を中心にしたスライドを基に、三津っ子の「きらり輝く」活躍についてお話がありました。 
 
今日は、この後、町別児童会・学級活動を行い、11:40から集団下校となります。

 明日からいよいよ冬休みです。
 
子どもたちが、家庭や地域で過ごす時間が多くなります。有意義な冬休みとなるように、冬休み中に注意することを指導しておりますが、各家庭や地域におかれましても、引き続きの見守りをよろしくお願いいたします。

 多くの皆様のおかげをもちまして、2学期を無事終えることができました。新年2020年も引き続き、あたたかいご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

 皆様、よいお年をお迎えください。

1・2年生への読み聞かせ 3回目

 ハッピーブック委員会(図書委員会)による、1・2年生への読み聞かせ第3回目が行われました。

 今日は、5・6年生4名で、紙芝居を読み聞かせました。

 1年生には、5年生男子2名が、『がいこつめがね』を読みました。かけるとその生き物の骨だけが見える不思議な眼鏡をおじいちゃんからもらうお話です。

 今日で3回目なので、1年生も慣れたもの。すぐにお話の世界に入り込みました。

 5年生が次に登場する生き物を尋ねると、「きりん!」などと元気よく答えていました。

 2年生には、6年生女子2名が『チョコレートカステラ大じけん』を読み聞かせました。

 アリたちが大きなチョコレートカステラの落とし物を見つけて大騒ぎする楽しいお話です。最後に、犬がぺろりとお菓子を食べてしまうという「落ち」がついています。

 今回も、2年生から、

「上手に読んでくれたので、わかりやすかったです。」

「お話の終わり方が、おもしろかったです。」

などの感想が伝えられました。

 1・2年生はもちろん、図書委員会の5・6年生にとっても、よい機会になりました。

 2学期の活動は、これで終わりですが、3学期に、また楽しい企画を考えたいと思います。お楽しみに。

 

第2回三津浜っ子を守り育てる会を開催しました。

 12月18日15:30より、本校図書室において、「第2回三津浜っ子を守り育てる会」を開催いたしました。
   本日の会には、まちづくり協議会会長様や高齢クラブ会長様、社会福祉協議会会長様をはじめ学校評議員の皆様やPTA執行部の皆様など、学校関係者の皆様に多数ご出席いただきました。
 本会では、学校行事を中心とした2学期の取組をはじめ、生徒指導の視点から見た三津っ子の様子や保健室の利用状況等、多岐にわたって子どもたちの様子や学校の取組について話し合いがなされました。
   本日いただいた貴重なご意見や保護者の皆様、地域の皆様から寄せられた学校評価のご意見を参考にしながら、よりよい三津浜小学校を目指していきたいと考えております。引き続きの、ご支援・ご協力をお願いいたします。

おもしろ理科出前教室(2回目)を行いました!

 11月19日に実施した「おもしろ理科出前教室 5年生」に続き、今日は、6年生を対象に2回目となる教室を開催しました。
   今日の講師は、愛媛大学 佐野 栄先生でした。佐野先生からは、「大地をつくる岩石のひみつ」の内容の授業を行っていただきました。
   授業では、愛媛県でとれる岩石の標本を作ったり、隕石の標本を見たりと、2学期の学習をさらに深めた内容を学ぶことができ、貴重な時間となりました。3回目は、2月19日(水)に6年生を対象に「私たちのくらしと電気」の教室を実施する予定です。

 

シェイクアウトえひめに参加しました!

 今日の11時から、愛媛県が県民の防災意識の向上を図る目的で県下一斉に実施する「シェイクアウトえひめ」が開催され、本校も訓練に参加しました。
   訓練では、一斉放送の合図で、地震から身を守る訓練を行いました。
 この訓練では、
「まず低く 頭を守り、動かない」
「DROP! COVER!
HOLD ON!」
の大切さを学びました。

   今後30年以内に発生の可能性が高まっている「南海トラフ大地震」に備えるよい機会となりました。