今日の給食

7月9日(木)の給食

今日の献立は、白ごはん、牛乳、肉団子スープ、じゃがいもといかのケチャップ炒め、(袋)小魚 です。

 「おやつ」と聞くと、どんな食べ物を思い浮かべますか?「おやつ」という言葉は、「八つどき」という昔の時間の呼び方から生まれました。「八つどき」は今の時間で午後3時頃にあたります。昔の人は、この時間に軽い食事をよくとりました。今は、ほかの時間に食べる軽い食事も「おやつ」と呼ばれるようになりました。
 おやつを食べる時は、体のために次のことに気を付けましょう。
 ① おやつの時間は、食事の前や、すぐ後はやめましょう。
 ② おやつの量は、食べ過ぎないようにしましょう。
 ③ おやつの種類を考えて、お菓子ではなく、くだものや乳製品も選びましょう。
 大切な三度の食事がきちんと食べられるように、考えておやつをとるようにしましょう。

7月8日(水)の給食

今日の献立は、コーンピラフ、牛乳、卵スープ、鶏肉の大葉梅肉揚げ

 今日は、『学校給食で食べたい我が家の献立』の中から、優秀作品に選ばれた『鶏肉の大葉梅肉揚げ』でした。

 梅味でさっぱりとした味付けで、おいしくいただきました。

7月7日(火)の給食

今日の献立は、媛麦パン、牛乳、ポークビーンズ、キャベツときゅうりのサラダです。

7月6日(月)の給食

今日の献立は、たちうおご飯、牛乳、そうめん汁、えびの香味揚げです。

今日は、『七夕の行事食』でした。
 七夕は、中国で、病気や災いがなく、安全に暮らせるように「索餅」という小麦粉で作ったお菓子を食べたことから、始まりました。そして日本にも索餅が伝わり、索餅が「そうめん」に代わって、七夕にそうめんを食べるようになりました。
 松山市の俳人である、正岡子規は「文月の ものよ五色の 糸そうめん」という句を残しています。5色に色付けされたそうめんは、松山市の椿 神社が発祥で、全国でも有名な特産品です。

7月2日(木)の給食

今日の献立は、パン、牛乳、中華炒め、ナムルです。

 嫌いな食べ物を残したり、好きなものばかり食べたりしていませんか。給食では赤・黄・緑のグループの食品をバランスよく使用しています。この3つのグループの食品には、体をつくる、エネルギーのもとになる、体の調子を整えるといった働きがあります。嫌いな食べ物を残していると、栄養のバランスが悪くなり、生活 習慣 病につながってしまいます。苦手な食べ物も少しずつ食べるようにしましょう。
 また、好き嫌いなく食べることは、食事を作ってくれた人に感謝することにもなります。普段の食事から、好き嫌いせず、いただきましょう。

7月1日(水)の給食

今日の献立は、炊き込みごはん、牛乳、すまし汁、鰆のから揚げ です。

 学校給食は、体が大きく成長する時期に必要な栄養をとり、みなさんが健康に過ごせるように考えられています。
 具体的には、ごはんやパンなどの主食、肉や魚、卵や豆腐を使った主菜、野菜をたくさん使った副菜や汁物を組み合わせて、栄養のバランスが整うような内容になっています。また、体の成長に欠かせない、たんぱく質やカルシウムを、たくさんとるために、牛乳が毎日ついています。
 さらに、行事食や郷土料理を毎月取り入れたり、旬の食材をたくさん使ったりして、色々な食材や料理が食べられるように工夫されています。毎日の給食を楽しみにしてくださいね。

6月30日(火)今日の献立

今日の献立は、 ・ 五穀米入りごはん・ 牛乳・ わかめうどん・ 新たまねぎのかき揚げ です。

 今日 は、松山市 でとれた「新 たまねぎ」を使 った『とれたて感謝 の日 』です。
 たまねぎには、皮 の色 や大 きさによって、黄 たまねぎ、白 たまねぎ、赤 たまねぎなどの種類 があります。北海道 をはじめ、佐賀県 、兵庫県 、愛知県 などで主 に栽培 されています。
 秋 に種 をまき、春 に早 どりしたものを「新 たまねぎ」といいます。新 たまねぎは、実 がやわらかく、水分 が多 くてあまいので、生 でも食 べられます。
 今日 は松山市 でとれた、新鮮 な新 たまねぎを使 った『新 たまねぎのかきあげ』です。旬 の味 をいただきましょう。
 

6月29日(月)の給食

パン

牛乳

キャベツと豚肉のスープ

チリコンカン

飲むヨーグルト

 

 チリコンカンは、メキシコ風アメリカ料理で、アメリカ合衆国の国民食のひとつです。チリコンカンのレシピは、19世紀半ばにメキシコから独立し、アメリカ合衆国に併合されたテキサス州南部で考えられたと言われており、「州の料理」に指定されています。ひき肉と玉ねぎを炒め、豆やトマト、チリパウダーなどの香辛料を加えて煮込んだ料理です。
 今日の給食では、大豆、豚肉ミンチ、鶏肉ミンチ、玉ねぎ、ピーマン、トマト、にんにく、チリパウダーを使って作ったチリコンカンをいただきました。

6月26日(金)の給食

今日の献立は、ごはん、牛乳、磯煮、ししゃものから揚げ、日向夏ゼリーです。

 『正しい手の洗い方』について、確認してみましょう。
 ① 水で手をぬらす。

 ② 石けんをつける。

 ③ 手のひらを洗う。

 ④ 手の甲を洗う。

 ⑤ 指の間を洗う。

 ⑥ 指の先、爪を洗う。

 ⑦ 手首を洗う。

 ⑧ 水でよく洗い流す。

 ⑨ きれいなハンカチでふく。
 毎日の手洗いをしっかりして、きれいな手で給食をいただきましょう。

6月25日(木)の献立

今日の献立は、 ・ みかんパン・ 牛乳・ にら玉汁・ トマトソース煮 です。

 予定では、トマトソース煮に鶏肉が入ることになっていましたが、都合で「鶏肉」は入らないことになりました。

今日 は、『みかんパン』について、お話 をします。

 愛媛県 には、たくさんの種類 の柑橘 があります。みかんは、そのまま食 べる他 に、ジュースやお菓子 などにも使 われます。学校給食 でも、そのまま食 べる他 に、何 かできないだろうかと考 えて作 られたのが、みかん果汁 をパンの生地 に加 えて焼 いた「みかんパン」です。平成 15年 に初 めて給食 に登場 しました。最初 は「味 がすっぱい」という意見 が多 くありましたが、果汁 の量 などを調整 して、今 のみかんパンになっています。
 愛媛県産 のみかん果汁 を使 った『みかんパン』を、味 わっていただきましょう。

6月24日(水)の献立

今日の献立は、 ・ ごはん・ 牛乳・ じゃがいものみそ汁・ 豚肉のしょうが焼き・ (袋)アーモンド です。

今日 は、『稲作 』について、お話 をします。
 稲作 とは、お米 を育 て収穫 することをいいます。4月 ごろに種 をまいて苗 を育 て、5月 ごろに田植 えをします。田植 えをしてからは、気候 や苗 の様子 を見 ながら、水 の調整 や田 んぼの手入 れをします。そして、8月下旬 ごろから稲刈 りを始 めます。
 このように、お米 を育 てることは毎日 の管理 が必要 で、とても手間 のかかる作業 です。そして、昔 から日本人 の主食 として作 られてきたお米 は、私 たちのエネルギー源 として欠 かせないものです。
 三津浜校区では、お米をつくっているところはないようですが、お米 を作 っている方々 に感謝 して、味 わっていただきます。

6月23日(火)の給食

今日の献立は、

米粉パン、牛乳、野菜たっぷりスープ、えびのケチャップあえです。

 米粉パンは子どもに人気のあるパンです。「もちもちしてた」、「お餅みたいなにおいがしたよ」など、味や食感、においなど、いつものコッペパンとの違いを感じながら食べてくれていました^^

6月22日(月)の献立

今日の献立は

ごはん、牛乳、麻婆豆腐、カラフルナムルです。


 中華料理には、「ラーメン」、「チャーハン」、「チンジャオロース」、「ぎょうざ」、「回鍋肉」など、たくさんの種類の料理があります。世界三大料理でもあり、日本でもなじみ深い料理になっています。本場、中国のものは香辛料がきいているので、日本人が好む味付けにアレンジされていることが多いです。
 今日の給食では、中華料理の一つである『麻婆豆腐』をおいしくいただきました。

6月19日(金)の献立

今日の献立は、・ごはん・牛乳・じゃが芋のそぼろ煮・くるみあえ・のり です。

 今日 は、『旬 の「新 じゃがいも」を生 かした献立 』です。
 みなさんに質問 です。じゃがいものふるさとは、どこだと思 いますか。ふるさとは、南 アメリカのアンデス山地 です。そこからヨーロッパに伝 わり、日本 へは、インドネシアから伝 わりました。インドネシアの首都 である「ジャカルタ」から「ジャガタラいも」、「じゃがいも」となったといわれています。
 じゃがいもは、1年中 お店 に出回 っていますが、5月 から6月 に出回 るものを新 じゃがいもといいます。皮 がうすく、みずみずしいのが特徴 です。
 今日 は、旬 の「新 じゃがいも」を使 った『じゃがいものそぼろ煮 』です。旬 の味 を味 わっていただきます。

6月18日(木)の献立

今日の献立は、・ 媛麦パン(通常のパンを媛麦パンに変更しています。)・ 牛乳・ 中華コーンスープ・ ホキのピリカラフル・ パイン です。

 今日 は、『食育月間 』について、お話 をします。
 みなさん、食育月間 という言葉 を知 っていますか。毎年 6月 が食育月間 、毎月 19日 は食育 の日 です。
 食 べることは、生 きるためにとても重要 で、心 も体 も健康 な生活 を送 るために大切 なことです。人 の体 は、食 べ物 からできています。特 に成長期 のみなさんは、今 の食事 が身長 を伸 ばしたり、骨 を丈夫 にしたり、筋肉 を作 ったりしています。食品 は、それぞれ働 きが違 うので、いろいろな食品 を食 べることが大切 です。
 今月 は食育月間、明日は食育の日 です。この機会に、食 べることの大切さについてしっかり考 えたいと思います。

 

6月17日(木)の献立

今日の献立は、 ・ パエリア風混ぜご飯・ 牛乳・ ミネストローネ・ 若鶏のマリネ です。

 今日 は、『パエリア』について、お話 をします。
 パエリアは、スペイン料理 として有名 です。平 らな底 をした浅 いフライパンに、お米 と野菜 、魚介類 、肉 などを入 れて、スープで炊 いた料理 です。サフランと呼 ばれる香辛料 を使 うため、黄色 く仕上 がるのが特徴 です。
 パエリアは、スペイン語 で「金属製 の鍋 」を指 す言葉 です。金属製 の専用 の鍋 を使 って調理 することから、料理 の名前 になったようです。
 今日 の給食 では、いか、えび、たまねぎ、にんじん、グリンピースを米 と一緒 に炊 いたご飯 です。黄色 の色 は、カレー粉 を使 っています。今日も三津っ子は感謝の気持ちでおいしくいただきます。

6月16日(火)の献立

今日の献立は、 ・ パン・ 牛乳・ ビーフン炒め・ 海草サラダ です。

 今日 は、『サラダ』について、お話 をします。
 もともと「サラダ」は、野菜 に塩 をかけただけのものでした。そのため、「サラダ」という言葉 は、ラテン語 で塩 を意味 する「サール」からきたという説 があります。ほかにも、サラダを盛 る食器 が、昔 フランスで使 われた「サラード」という「かぶと」に似 ていたところから名付 けられたという説 もあります。
 昔 は、塩味 だけだったサラダも時代 とともに変化 し、ドレッシングやマヨネーズなども使 われています。
 今日 の給食 は、ごま油 の入 った中華風 のドレッシングを使 った『海草 サラダ』です。今日も三津っ子は、感謝の気持ちを忘れず、おいしくいただきます。

6月15日(月)の献立!

今日の献立は、 ・ カレーライス・ 牛乳・ ひじきサラダ です。

 今日 は、『食事 のあいさつ』について、お話 をします。
 みなさん、食事 のときのあいさつは、きちんとできていますか。
 私 たちは、毎日 の食事 のなかで、多 くの生 き物 の命 をいただいています。食事 の前 の「いただきます」は、これらの生 き物 の命 に感謝 して、大切 にいただきますという意味 です。
 また、私 たちが食事 をするためには、農家 の人 、漁師 さん、食品 を運 ぶ人 など、いろいろな人 が関 わってくれています。「ごちそうさま」は、食事 をするために関 わってくれた人 たちに対 する感謝 を表 した言葉 です。
 三津っ子は、食事 の前 と後 には心 を込 めて、「いただきます」「ごちそうさま」のあいさつをきちんとします。


 

6月12日(金)の献立!

今日の献立は、 ・ ごはん・ 牛乳・ みそ汁・ あじフライ・ (袋)佃煮 です。

今日 は、『あじ』について、お話 をします。
 「あじ」は、体 の側面 にある「ぜいご」と呼 ばれる、とげのある硬 いうろこが特徴 です。味 がよいことから「あじ」と名付 けられました。「あじ」というと一般的 に「まあじ」のことを指 します。
 「まあじ」は、大 きさによって7センチメートルまでを「豆 あじ」、10センチメートルまでを「小 あじ」、20センチメートル前後 を「中 あじ」と呼 んで区別 します。
 夏 が旬 の魚 で、刺身 や塩焼 き、から揚 げなど、さまざまな料理 にして食 べられています。
 今日 の給食 は、『あじフライ』です。おいしくいただきます。

6月11日(木)の献立

今日の献立は、・ 黒糖パン・ 牛乳・ キャロットスープ・ 茎わかめのサラダ・ (袋)小魚 です。

今日 は、『歯 や骨 を丈夫 にする食 べ物 』について、お話 をします。
 歯 や骨 を丈夫 にする栄養素 の一 つに「カルシウム」があります。そして、このカルシウムを多 くふくむ食 べ物 の一 つに「小魚 」があります。小魚 は、頭 からしっぽまで、内臓 も骨 も食 べることのできる魚 のことをいいます。
 小魚 は、骨 まで食 べることで、よくかむようになるため、歯 の病気 を防 ぐだけではなく、歯 を強 くしてくれる食 べ物 です。
 昔 の食生活 では、小魚 が多 く食 べられていましたが、年々減 ってきています。給食 では、ししゃもや小煮干 し、ちりめんじゃこなどを献立 に取 り入 れる工夫 をしています。
 今日 は、『(袋)小魚 』がついています。よくかんでいただきます。感謝しながら、「いただきます。」


 

6月10日(水)の献立

今日の献立は、 ・ ごはん・ 牛乳・ 厚揚げ入り八宝菜・ バンサンスー です。

 今日 は、『食中毒 の予防 』について、お話 をします。
 6月 は梅雨 に入 り、雨 の日 が多 くなります。じめじめとした環境 は、食中毒 を起 こす菌 が増 えやすくなります。食中毒 を起 こす菌 から体 を守 るために、次 のことに気 をつけましょう。
① 手 は、石 けんでよく洗 い、清潔 なハンカチでふいてから給食 の準備 をしましょう。
② 給食 当番 の人 は、白衣 や帽子 、マスクをきちんと身 につけましょう。
③ 好 き嫌 いせずに、バランスよく食 べましょう。体 の抵抗力 が高 まります。
 食中毒 を起 こす菌 に負 けない体 をつくり、衛生 に気 をつけて、食中毒 を予防 しましょう。

 今日も作ってくださった皆様に感謝をして「いただきます。」

6月9日(火)の献立

今日の献立は、 ・ パン・ 牛乳・ ビーフン汁・ カミカミ揚げ・ ヨーグルト です。

 今日 は、『よくかんで食 べることの大切 さ』について、お話 をします。
 ここでクイズです。みなさんは、1回 の食事 で何回 くらい、かんで食 べていると思 いますか。
 ①番 約 600回  ②番 約 1500回  ③番 約 4000回
 正解 は、①番 の600回 です。
 ②番 の1500回 は昭和時代 の食事 、③番 の4000回 は弥生時代 の食事 でかんでいた回数 だといわれています。食事 の内容 や食 べ方 の変化 によって、かむ回数 は昔 に比 べて減 っているといわれています。よくかんで食 べ物 を細 かくすると、栄養 が吸収 されやすくなります。また、かむときの刺激 で脳 が活発 に働 くようになります。そのほかにも、よくかむことで食 べすぎを防 いだり、歯 ぐきやあごを強 くしたりする効果 もあります。
 しっかりかんで健康 な体 をつくります。美味しく「いただきます。」

6月8日(月)の献立

今日の献立は、 ・ 親子丼(もちむぎごはん)・ 牛乳・ 変わりきんぴら です。

 今日 は、『新 ごぼう』について、お話 をします。
 ごぼうは、秋 に種 をまき、根 が50センチメートルから1メートルほどになるまで育 て、翌年 の秋 から冬 にかけて収穫 の時期 をむかえます。それに対 して、新 ごぼうは、種 をまいてから大 きくなるまで育 てずに初夏 に収穫 したものです。新 ごぼうは、まだ完全 に生長 しきっていないので、やわらかく、風味 も上品 でやさしい香 りがします。
 今日 は、今 が旬 の「新 ごぼう」を使 った『変 わりきんぴら』です。味 わっていただきます

6月5日(金)の献立

今日の献立は、 ・ 大豆ごはん・ 牛乳・ 切干大根のうま煮・ いわしのうめ煮 です。

 今日 は、『千葉県 の味 めぐり』について、お話 をします。
 千葉県 では、昔 から漁業 が盛 んに行 われてきました。特 に銚子 や旭 、九十九里 という地域 では、いわしの水揚 げ量 が多 いことで有名 です。いわしは、刺身 や塩焼 き、煮 つけ、佃煮 など様々 な料理 で食 べられます。千葉県 には、「なめろう」や「さんが焼 き」という郷土料理 もあります。
 今日 の給食 は、『いわしのうめ煮 』です。味 わっていただきます。

6月4日(木)の献立

 今日の献立は、・ パン・ 牛乳・ 洋風煮込み・ しょうゆドレッシングサラダ・ ジャム です。


 今日 は、『歯 と口 の健康週間 』について、お話 をします。
 6月 4日 から10日 までの1週間 は、「歯 と口 の健康週間 」で、歯 や口 の中 の健康 を見直 す一週間 です。6月 4日 が、「むし」と読 めることから、6月 4日 を「虫歯予防 デー」としていたのが始 まりです。
 子 どもの歯 は、抜 けても大人 の歯 が生 えてきます。しかし、大人 の歯 は一度抜 けると、次 の歯 は生 えてきません。そのためにも、口 の中 を健康 に保 ちましょう。
 口 の中 を健康 にするために大切 なことの一 つに、よくかむことがあります。今日 の給食 も、よくかんで食 べましょう。

6月3日(水)の献立

今日の献立は、 ・ 梅ごはん・ 牛乳・ けんちん汁・ ホキの磯部揚げ です。

 今日 は、『入梅 の行事食 』です。
 「入梅 」は、立春 から数 えて135日目 にあたる、6月 11日 ごろをいい、暦 の上 では、この日 をさかいに梅雨 の季節 に入 ります。農家 の人 たちにとって、水 が必要 となる田植 えの日 を決 めるために、梅雨 が始 まる時期 を前 もって知 っておくことは、重要 でした。また、梅 の実 が熟 すころ、梅雨 に入 るため、「入 る」に「梅 」と書 いて、「入梅 」といわれるようになったとされています。今年 の入梅 は、6月 10日 です。
 今日 は、梅干 しを入 れて炊 いた『梅 ごはん』です。味 わっていただきます。

6月2日(火)の献立

 今日の献立は、・ パン・ 牛乳・ カレースパゲティ・ メロン です。

 今日 は、『メロン』について、お話 をします。
 メロンには、たくさんの種類 があります。果肉 の色 でいうと、赤 い果肉 は、夕張 メロンやクインシーメロン、黄緑色 の果肉 は、アンデスメロンやマスクメロン、白 っぽい色 の果肉 は、ホームランメロンなどがあります。また、メロンには網目模様 のあるものと、ないものがあります。網目模様 のあるメロンの網目 は、大 きく成長 するにつれて表面 にひびが入 り、中 から果汁 を出 して成長 したものです。
 メロンは、ハウス栽培 などの生産方法 で、一年中食 べることができますが、今 が旬 の時期 です。一番多 く出荷 され、味 もおいしく、栄養 もたっぷり含 んでいます。
 今日 は「クインシーメロン」という種類 の『メロン』です。味 わっていただきましょう。

6月1日(月)の献立

【今日の献立】

今日の献立は、
・ しょうが焼きチャーハン・ 牛乳・ わかめスープ・ いかのから揚げ・ チーズ です。

 今日 は、『学校給食 で食 べたい我 が家 の献立 』の中 から、優秀()作品 に選 ばれた『しょうが焼 きチャーハン』です。
 おすすめのポイントは、ごはんをうす味 にすることで、具材 の味 がよくわかることです。にんにくの芽 を、おいしく食 べられる献立 です。
 応募 してくれた人 が、日 ごろ、お家 で食 べている献立 をみんなで食 べることができます。味 わっていただきましょう。

5月29日(金)の献立

 今日の献立は、 ・ ハヤシライス・ 牛乳・ (袋)小魚 です。

 今日は、『ハヤシライス』について、お話をします。
 ハヤシライスは、明治の初めごろに外国から伝わってきた料理 です。ハヤシライスのハヤシは、英語のハッシュが語源で、肉などをこま切れにするという意味です。細かく切った牛肉と、バターで炒めた野菜をよく煮込んで、ごはんの上にかけて食べるという意味で、英語では、「ハッシュ・ド・ビーフ・アンド・ライス」という長い名前になります。これが「ハッシュド・ライス」「ハッシュ・ライス」と変化し、「ハヤシ・ライス」になりました。日本 には、大正時代に食堂が多くられてからいっきに広 まったそうです。
 今日は、牛肉 、じゃがいも、玉ねぎ、にんじんが入っています。味わっていただきましょう。

5月28日(木)の献立

今日の献立は、 ・ 黒糖パン・ 牛乳・ 高野豆腐の中華炒め・ ナムル です。

 今日 は、『うずら卵 』について、お話 をします。
 うずら卵は、かっ色 のはん点 がある殻で、重 さ10~12g程度の小 さな卵です。
 うずら卵は、にわとりの卵に比べると、味が濃厚で、鉄分 、ビタミンA 、B1 、B2が多く含まれています。煮物や炒め物 、汁物などに使われます。殻が丈夫で、はん点のはっきりした、重みのあるものがよい卵です。また、しっとりとしてつやのあるものが新鮮です。
 今日は、『高野豆腐の中華炒 め』に入っています。味わっていただきましょう。

 

5月27日(水)の献立

今日の献立は、 「・ おもぶり・ 牛乳・ 豚汁・ ヨーグルト」 です。

 今日は、『今日は愛媛県のめぐり』について、お話をします。
 今日のごはんの「おもぶり」は、愛媛県の中予地方に伝わる郷土料理です。
 「おもぶり」の「もぶる」は方言で、混ぜるという意味です。にんじんやしいたけ、ごぼう、油揚 げなどを、しょうゆや砂糖で甘辛く煮たものと、炊き上がったごはんを混ぜて作ります。具材は季節の産物を使ったり、家庭でも違ったりします。
 今日の給食は、『おもぶり』です。愛媛県の郷土料理を、味わっていただきましょう。

5月26日(火)献立

【今日の献立】

 今日 は、『オムレツ』について、お話 をします。
 オムレツは、フランスが発祥 の卵()料理 です。中 に何 も入 っていないプレーンオムレツのほかにも、具材 やソースは国 や家庭 によってさまざまで、世界各国 でオムレツと呼 ばれる料理 がたくさんあります。フライパンで焼 くだけで簡単 に調理 ができるので、おうちでも挑戦 してみましょう。
 今日 は、卵 を塩 こしょうで味付 けをした、『オムレツ』です。卵 の風味 を味 わっていただきましょう。

 

5月25日(月)です。

 今日から2~6年生は給食が始まります。(※1年生は、6月1日からの開始です。)久しぶりの給食。これまで以上にコロナ対策のために気を付けなければならないことがあります。給食も安心安全に進めます。

今日のメニュー

5月22日(金)11時です。

 昨日も、お知らせいたしました通り、来週、5月25日(月)からの給食は、2~6年生のみで1年生はありません。1年生の給食は、6月1日から開始の予定です。前回、お知らせしたことと変わっております。ご理解ご協力をお願いします。

学校が再開されると。

 予定通り25日(月)に学校が再開されると、その日から(1年生も)給食が始まります。(←1年生の給食は6月1日から始まることになりました。5月22日現在)その際には、献立等について、文書やホームページでお知らせいたします。

3月3日(火)の給食

思いもかけず最後の給食になりました。よく味わい、感謝していただきましょう。

給食に携わってくださったすべての皆様、1年間、ありがとうございました。来年度もよろしくお願いします。

行事食 ひなまつり(ちらしずし)

献立:ちらしずし・しろみざかなのあられあげ・キャベツのおひたし・すましじる

2月25日(火)の給食

ごはん

牛乳

豚汁

卵焼き

磯あえ

ヨーグルト

 

 今日は「卵焼き」が登場しました。卵焼きは、家庭の定番料理ですね。「朝ごはんでも食べたよ~」という声がよくあがっていました^^

 

<明日の給食>

2月21日(金)の給食

ごはん

牛乳

いものこ汁

鮭とくるみの青菜あえ

納豆

 

 今日は秋田県の味めぐり献立でした。
 『いものこ汁』・・・秋田県では、秋の実りの時期になると、仲間同士で集まって「いものこ汁」を食べる「いものこ会」を行うそうです。「いものこ」とは、里芋のことをいい、いものこ汁には、里芋を主役に鶏肉、野菜、きのこなどたくさんの具材が入っています。味付けはみそやしょうゆなど地域や家庭によって様々です。
 『納豆』・・・秋田県は納豆の発祥地ともいわれており、昔は納豆を各家庭で作っていたそうです。

 

<2月25日の給食>

2月17日(月)の給食

卵と豚肉と玉ねぎのあんかけ丼(麦ごはん)

牛乳

切干大根の煮物

 

 今日は昨年、家庭の自慢献立や人気献立を募集した「学校給食で食べたい我が家の献立」で、三津浜調理場の優秀作品に選ばれた『卵と豚肉と玉ねぎのあんかけ丼』でした。

 子どもたちに感想を聞いてみると「おいしい!」「食べごたえがある!!」と言っていました^^

 給食ではおそらく、登場したことのない『豆苗』が入っていましたが、お家で食べる機会もあるようで、抵抗なく食べてくれました。

 

<明日の給食>

2月13日(木)の給食

パン

牛乳

卵スープ

カラフルナムル

りんごのきんとん

 

 りんごのきんとんは、さつまいもとりんごに砂糖を加えて煮詰めたメニューです。見慣れない見た目から苦手意識を持つ子もいましたが、パンにつけて食べると「おいしい♡」とおかわりをする子もいました^^

 

<明日の給食>

2月12日(水)の給食

ハヤシライス(もち麦ご飯)

牛乳

海草サラダ

せとか

 

 今日は各クラスで、予備としてバットに入れていた「せとか」をめぐって、じゃんけんが行われていました^^

 甘くて果汁たっぷりのせとかを味わっていただきました。

 

<明日の給食>

2月10日(月)の給食

ひじきごはん

牛乳

白菜のみそ汁

たらのねぎソース

 

 今日は給食受け室に、「今日はおかわりしたいものばっかり♡」と言いながら入って来る子もいました^^残食も少なかったです!

2月7日(金)の給食

フルーツパン

牛乳

みそチゲ

バンサンスー

はるみ

 

 キムチは、韓国の漬物です。白菜などの野菜を塩漬けにして唐辛子やにんにくなどが入った調味液につけて作ります。
 日本より寒さの厳しい韓国では、冬に野菜を育てることが難しかったそうです。そのため、冬になる前に漬物にして保存し、長く食べられるように考えられたのがキムチの始まりです。キムチといえば、白菜が有名ですが、大根やきゅうり、かぶなどたくさんの種類の野菜で作られており、家庭によって調味料もさまざまです。
 今日の給食は、『みそチゲ』の中にキムチが入っていました。みそ味にピリッと辛いキムチが入っていたので、体が温まりました。

 

<明日の給食>

2月5日(水)の給食

ごはん

牛乳

塩ラーメン

たらのチリソース

伊予柑

 

 伊予柑は、うんしゅうみかんの次に多く作られている、かんきつ類です。山口県で作られたのが始まりですが、松山市を中心に栽培が広がり、1955年に松山市平田町の宮内義正さんによって発見された「宮内伊予柑」は、有名です。
 伊予柑は、厚い皮をむくと、さわやかな香りがして、食べると果汁がたっぷり出てくるのが特徴です。
 ビタミンCたっぷりの『伊予柑』を味わっていただきました。

 

<明日の給食>

2月4日(火)の給食

ごはん

牛乳

けんちん汁

いわしのかば焼き風

キャベツのおひたし

節分豆

 

 節分は、春の始まりを意味する「立春」の前の日です。昔の暦では、立春が1年の始まりの日とされていました。そのため、その年が良い1年となるよう願いを込めて、節分の日に豆をまく風習が残っています。
 また、独特の臭みや焼いたときの煙が、悪いものを追い払うとして、イワシを焼いて食べたり玄関に飾ったりすることもあります。
 今日は節分の行事食で、『いわしのかば焼き風』と『節分豆』でした。

1月24日(金)の給食

黒糖パン

じゃがいものカレー風味

コーンサラダ

天草


 1月24日から1月30日までの1週間は全国学校給食週間です。
 学校給食は、明治22年に山形県の忠愛小学校で始まりました。その後、戦争により給食が一時中断されましたが、海外から送られてくる脱脂粉乳や缶詰を使って再開されました。
 現在は、栄養バランスだけでなく、行事食や郷土料理などの食文化、食材の旬などを考えて給食の献立が作られています。
 また、給食ができあがるまでには、食材を作る農家や業者の方、調理員さん、運んでくれる運転手さんなど、多くの人々が関わっています。
 おいしい給食が食べられることに感謝して、味わっていただきましょう。

 

<明日の給食>

1月23日(木)の給食

豚玉丼(麦ごはん)

牛乳

切干大根とひじきの煮物

(袋)小魚

 

 切り干し大根は、秋の終わりから冬にかけてとれた大根を細く切り、太陽の下で干して、乾燥させた食べ物です。太陽の下で干すことにより、甘みが増し、独特のおいしい風味が出ます。食べるときには、水につけてもどし、しょうゆや、酢をかけてそのまま食べたり、煮物に使われたりします。
 太陽の下に干すことで、生の大根よりも骨や歯を強くするカルシウムや、ビタミンが多くなります。また、食物繊維もたくさん含まれています。
 今日は、切り干し大根とひじきの煮物をいただきました。

 

<明日の給食>

1月22日(水)の給食

ごはん

牛乳

味噌ラーメン

たらの甘辛煮

 

 給食受け室のサンプルケースを見て、「味噌ラーメン、やったー!」と喜ぶ子がたくさんいました^^

 

<明日の給食>

1月15日の給食

わかめごはん

牛乳

ビーフン汁

じゃがいもとえびのケチャップ炒め

 

<明日の給食>

1月14日(火)の給食

五穀米入りごはん

牛乳

大根のみそ汁

いわしの変わりソース

おひたし

 

 今日は三津浜小学校5年生の手作りみそを使ったみそ汁でした。「おいしい♡」と言いながら食べてくれました^^

 

<明日の給食>

1月10日(金)の給食

米粉パン

牛乳

花野菜のクリーム煮

白菜サラダ

はれひめ

 

 1年生のクラスで「大きいおかずの中に、白くてもこもこした、『カリフラワー』という野菜が入っているよ」と話すと、どれかな?と探しながら食べていました。名前自体も初めて聞く子もいたようですが、独特の食感を楽しみながら食べてくれました!

 

<1月14日の給食>

五穀米入りごはん

牛乳

大根のみそ汁

いわしの変わりソース

おひたし

1月9日(木)の給食

ごはん

牛乳

豚汁

せんざんき

ごまあえ

黒豆

 

 3学期初めての給食は、残食がほとんどありませんでした!しっかり食べて、1年間元気に過ごせますように^^

12月24日(火)の給食

コーンピラフ

牛乳

ミネストローネ

フライドチキン

ボイルキャベツ

豆乳いちごプリン

 

 今日は2学期最後の給食でした。クリスマス献立ということもあり、嬉しそうに食べていました^^

12月20日(金)の給食

パン

牛乳

チャンポン

さつまいものから揚げ

ごま酢あえ

 

 もうすぐ冬休みになりますね。冬休みは、大みそかやお正月といった特別な行事があり、夜寝るのが遅くなったり、食事の時間が不規則になったりして、生活のリズムを崩しがちです。冬休みを元気に過ごすために、次のことを心がけましょう。
 ①早寝早起きで生活リズムを整えましょう。
 ②朝、昼、晩ごはんをきちんと食べましょう。
 ③からだを動かしましょう。
 規則正しい生活をして、充実した冬休みを過ごしましょう。

 

<12月23日の給食>

12月18日(水)の給食

ターメリックライス

牛乳

キャベツとベーコンのスープ

チリコンカン

紅まどんな

 

<明日の給食>

12月17日(火)の給食

ごはん

牛乳

かぼちゃのそぼろ煮

小いわしのから揚げ

ゆず風味漬

 

 今日は、『冬至の行事食』です。
 昔は、冬至の頃になると秋野菜の収穫も終わり、食べられる野菜が少なくなっていました。そこで元気に冬を越せるようにと願いを込め、栄養もあって保存もきく、かぼちゃが食べられていたようです。これは、緑黄色野菜の少ない冬に、カロテンやビタミンを多く含むかぼちゃを食べ、かぜなどへの抵抗力をつけていたためとされています。
 今年の冬至は12月22日です。元気に冬を過ごせるようにと願いを込めて『かぼちゃのうま煮』を食べました。

 

<明日の給食>

12月16日(月)の給食

ごはん

牛乳

すき焼き

なます


 すき焼きの由来は、江戸時代に農家の人たちが、仕事中にお腹が減ると、「すき」という農具の金属の部分を鉄板の代わりにして、魚や豆腐を焼いて食べていたことから、「すきやき」といわれたそうです。
 すき焼きは、関東と関西では調理法が違います。関東では「わりした」といわれるタレを使って、肉や野菜を一緒に煮ます。関西では、まず肉を焼き、さとうとしょうゆで好みの味に調え、その後に野菜を入れます。
 今日の給食は先にお肉を炒めて、味をつける関西風の『すき焼き』でした。

 

<明日の給食>

12月12日(木)の給食

ごはん

牛乳

のっぺい汁

豚漬けフライ

ボイル野菜

 

 今日の「豚漬けフライ」はしょうが、にんにく、みそで下味をつけ、パン粉をつけて油で揚げています。

 とても好評で、食缶が空っぽになって返ってきました^^

 

<明日の給食>

12月11日(水)の給食

ごはん

牛乳

ビーフン汁

じゃがいもといかのケチャップ炒め

チーズ

 

<明日の給食>

12月10日(火)の給食

黒豆ごはん

牛乳

おでん

いそあえ

 

 寒くなってきたので、ご家庭でおでんを食べる機会も増えてきたのではないでしょうか。
 おでんの味付けや食べ方は、日本全国さまざまあります。愛媛県では、しょうゆ味のおでんに、麦みそとからしを混ぜたものをつけて食べますね。他の地域には、濃口しょうゆで黒くなるまで煮込んだもの、塩で味付けをしたものなどがあります。食べ方は、しょうがじょうゆをつけて食べたり、からしをつけて食べたりするところもあるそうです。

 たくさんの具材のうまみたっぷりのおでんを味わいました。

 

<明日の給食>

12月9日(月)の給食

凍み豆腐丼(麦ごはん)

牛乳

変わりきんぴら

 

 今日は、「凍み豆腐」を油で揚げて卵でとじた『凍み豆腐丼』でした。
 宮城県の特産品である「凍み豆腐」は、全国的に、「高野豆腐」や「凍り豆腐」と呼ばれているものです。宮城県では、昔から「凍み豆腐」の名前で親しまれてきました。豆腐を、冷たい風にさらして、凍らせて熟成させることで、弾力が増し、素朴な食感と味わいになります。 
 凍み豆腐は、東北地方の長い冬の貴重なたんぱく源として、古くからお正月の雑煮や煮物などに欠かせない食品です。

 

<明日の給食>

12月6日の給食

パン

牛乳

クリームシチュー

たらのピリカラフル

 

<12月9日の給食>

12月5日(木)の給食

ごはん

牛乳

かきたま汁

庄だいこんのみそ炒め

カシューナッツあえ

 

 今日は、松山市でとれた『庄大根』を使った『とれたて感謝』の日でした。
 「庄だいこん」は、150年以上前から松山市北条の「庄地区」で作られてきた伝統野菜です。
 葉っぱに近い上の方は赤紫で、下の方は白い色をしている「赤首大根」です。皮は赤紫色ですが、中身は真っ白で、きめが細かく甘いのが特徴です。
 少し前までは、本来の色や形が消えかけていましたが、庄地区の農家の人たちの努力で、本来の「庄大根」が復活しました。

  今日は、『庄だいこんのみそ炒め』でした。ごはんが進むおかずでした。

 

<明日の給食>

12月4日(水)の給食

ごはん

牛乳

豆腐の五目あんかけ

茎わかめのサラダ

みかん

 

 だんだんと寒くなってきたので、牛乳の残食が少し増えてきました。おじゃました教室では、寒いから牛乳を飲みたくなさそうな子もいましたが、「ちょっとだけ頑張ってみようかな」と飲み始めると、全部飲むことができた子もいました!

 牛乳は成長期に必要なカルシウムを効率よくとることができます。ご家庭では温めると寒い冬でも飲みやすいかもしれませんね^^

 

<明日の給食>

今日の給食

パン

牛乳

ポトフ

大根サラダ

きなこ豆

 

 きなこは、大豆を炒ってひいた粉です。粉にすることで消化が良くなり、大豆の栄養をうまく摂ることができます。疲れを取って体を元気に回復させるビタミンB1や、腸のはたらきを活発にする食物せんいも多く含まれています。他にも、血液の流れをよくしたり、骨や歯を作ったりするはたらきがあります。                   
 今日の給食は大豆ときなこを使った『きなこ豆』でした。甘い味付けが好評でした^^

 

<明日の給食>

11月27日(水)の給食

ごはん

牛乳

じゃがいものカレー風味

ごまドレッシングサラダ

みかん

 

<明日の給食>

11月26日(火)の給食

きのこピラフ

牛乳

キャロットスープ

たらのオランダ揚げ

 

 今日は旬のきのこを使った『きのこピラフ』と、体の温まる『キャロットスープ』でした。どのメニューも好評でした^^

 

<明日の給食>

11月22日(金)の給食

黒糖パン

牛乳

白菜とベーコンのスープ

えびのコーンフレーク揚げ

フレンチサラダ

 

 「黒糖パン」は甘くてやわらかいので子どもたちに人気のパンです。いつもより残食も少なかったです!

 「えびのコーンフレーク揚げ」は、えびに小麦粉、卵をつけて、コーンフレークをまぶして揚げています。サクサクとした食感を楽しめますので、ご家庭でもぜひ試してみてください^^

 

<11月25日の給食>

11月21日(木)の給食

豚玉丼(もち麦ご飯)

牛乳

きんぴら

みかん

 

 今年も、みかんの季節がやってきました。これから冬、春、そして初夏の頃まで次々といろいろな柑橘が収穫を迎えます。みかんのとれる山が、だんだんみかん色に染まっていく様子は、柑橘王国の愛媛ならではの風景です。おいしいみかんの見分け方を紹介します。
 ①色は、オレンジ色が濃いもの。  
 ②形は、平べったいもの。
 ③へたが、小さめのもの。    
 ④皮がなめらかで、弾力があるもの。
 愛媛県でとれた『みかん』を味わっていただきました。

 

<明日の給食>

11月20日(水)の給食

ごはん

牛乳

太平燕

鶏天

ナムル

 

 春雨は、豆のひとつである緑豆やじゃがいも、さつまいものでんぷんを材料とした生地を、小さな穴の開いた機械から鍋に落として作ります。この様子が、春に細く静かに降る雨に似ていることから、「春」に「雨」と書いて「春雨」と呼ばれるようになりました。
 春雨は中国で誕生し、春巻きや中華炒め、ナムルなどの中華料理でよく使われます。日本でも、スープに入れたり鍋の具材に使ったりと、親しまれている食品です。今日は春雨をスープに入れた『太平燕』でした。

 

<明日の給食>

11月19日(火)の給食

五穀米入りごはん

牛乳

キャベツのみそ汁

鯛のレモン煮

磯あえ

 

 今日は和食献立でした。11月24日は「いいにほんしょく」と読み、和食の日とされています。
 和食の中で、最も重要なのが「だし」です。味の基本は「塩味」「酸味」「苦味」「甘味」「うま味」です。この「うま味」が「だし」のことです。江戸時代の料理の本には「だしこそ料理の根本である」と書かれています。だしは、昆布、かつお節、煮干し、干ししいたけなどからとります。
 今日のみそ汁は煮干しからだしをとりました。

 

<明日の給食>

11月18日(月)の給食

ごはん

牛乳

じゃがいものそぼろ煮

ごまあえ

納豆

 

 今日は今年度2回目の納豆でした。先月、給食で初めて納豆を食べて克服した男の子は、先週から「月曜日は納豆~♪」と今日の納豆を楽しみにしてくれていました^^

 

<明日の給食>

今日の給食

米粉パン

牛乳

きのこシチュー

こんぶサラダ

りんご

 

 今日の果物は『りんご』でした。「りんご、おいしい^^」と笑顔で食べている子を見かけて、こちらもほっこりしました。りんごには、たくさんの種類があり、世界では約1万5千種類、日本では約2千種類あります。その中でもりんごの生産が多い青森県では、約50種類栽培されているそうです。

 久しぶりに登場した米粉パンも人気でした!

 

<11月18日の給食>