今日の給食

5月24日(金)の給食

パン

牛乳

チャウダー

フレンチサラダ

きなこ豆

 

 今日はみかんの入ったフレンチサラダでした。おじゃましたクラスでは『おいしい♡』と好評でした。「ミカンジュースもドレッシングに入れているよ」と伝えると、びっくりした様子でした。柑橘類をいれると甘い中にもさわやかな風味に仕上がります。これから暑くなってくる季節にぴったりです。ご家庭でもぜひ取り入れてみてください。

 また、今日のチャウダーは、にんじんが花や魚(?)などいろいろな形にくり抜かれていたようで、そのにんじんが入っていた子は最後まで大事そうに残していました^^

 

<5月27日の給食>

ハヤシライス(もち麦ご飯)

牛乳

昆布サラダ

5月23日(木)の給食

ベーコンライス

牛乳

卵スープ

鯛の香り煮

 

 今日も全校的によく食べていました^^

 ベーコンライスのグリンピースは、苦手な子もいたようで、「頑張って食べたんだけど・・・」と申し訳なさそうに残しに来る子もいました。

 少しずつ、食べ慣れていってほしいなと思います。

 

<明日の給食>

パン

牛乳

チャウダー

フレンチサラダ

きなこ豆

5月22日(水)の給食

ごはん

牛乳

カレーうどん

カシューナッツあえ

ヨーグルト

 

 「カレー」も「うどん」も子どもたちに人気のあるメニューです。今日のカレーうどんも、もちろん、人気でした^^

 

<明日の給食>

ベーコンライス

牛乳

卵スープ

鯛の香り煮

5月21日(火)の給食

茶飯

牛乳

五目煮

小いわしのから揚げ

レモン風味漬

 

  「夏も近づく八十八夜…」という歌もあるように、春から夏に移る節目の日です。「八十八夜」とは、立春から数えて八十八日目の日のことです。漢字で「八十八」と書くと、「米」という字になることから、農家の人々にとっては、豊作を願う大事な日とされてきました。
 この日に摘まれた新茶は、昔から栄養価が高いとされ、縁起物として大事に飲まれてきました。
 今日は、八十八夜の行事食で緑茶で米を炊いた『茶飯』でした。お茶の風味を楽しみながらいただきました。

 

<明日の給食>

ごはん

牛乳

カレーうどん

カシューナッツあえ

ヨーグルト

5月16日(木)の給食

ごはん

牛乳

けんちん汁

サバの味噌煮

アーモンドあえ

 

 「けんちん汁」とは、ごぼうやにんじんなどの野菜や豆腐をごま油で炒めた、具だくさんの汁もので、神奈川県に伝わる郷土料理です。
 「けんちん汁」の名前の由来は、鎌倉の建長寺のお坊さんが作っていたことから「けんちょうじる」と言われていたのが、なまって「けんちん汁」になったという説があります。
 今日の給食の『けんちん汁』は、鶏肉、焼豆腐、こんにゃく、ごぼう、にんじん、ねぎが入っていました。

 

<5月21日の給食>

茶飯

牛乳

五目煮

小いわしのから揚げ

レモン風味漬

※ 17日(金)と20日(月)はお弁当です。

5月15日(水)の給食

ごはん

牛乳

ミネストローネ

若鶏の照り焼き

ボイル野菜

 

 今日の若鶏の照り焼きは「おいしかったよ」と好評でした^^

 

<明日の給食>

ごはん

牛乳

けんちん汁

さばの味噌煮

アーモンドあえ

5月14日(火)の給食

親子丼(もち麦ご飯)

牛乳

そら豆のかき揚げ

しそひじきあえ

 

 「そら豆」は秋に種をまいて、夏の初めに収穫する、今が旬の野菜です。
 花が咲いた後、「さや」が空に向かって伸びることから「そら豆」といわれたり、「さや」の形が、蚕の形に似ていることから、蚕に豆と書いて「さんとう」と呼ばれたりします。「おいしいのは3日間だけ」ともいわれるくらい、とれたてがおいしい野菜です。
 そら豆は、さやの中で白くてやわらかい「わた」に包まれています。その「わた」によって、そら豆の乾燥を防ぐことができ、鮮度が保たれています。
 今日のそら豆は、
昨日1・2年生がさやむきをしてくれました。自分たちがさやむきをしたそら豆のかき揚げを嬉しそうに食べていました^^

 

<明日の給食>

ごはん

牛乳

ミネストローネ

若鶏の照り焼き

ボイル野菜

5月13日(月)の給食

青大豆ごはん

牛乳

けの汁

いかメンチ

即席漬

 

 今日は青森県の味めぐり献立でした。

 森県は、本州の一番北側にあり、まわりを海に囲まれた自然豊かなところです。
 「けの汁」は、津軽地方で「津軽の七草粥」といわれるほど、人々に親しまれてきた郷土料理です。大根、人参、ごぼうなどの野菜と、ふき、わらびなどの山菜、油揚げや高野豆腐などを細かく刻んでみそで味付けした汁物です。
 「いかメンチ」は、いかを細かく切って季節の野菜と一緒に小麦粉でまとめて、焼いたり揚げたりしたものです。全国有数のいかの水揚げ量を誇る青森県ならではの料理です。
 青森県の味をおいしくいただきました。

 

<明日の給食>

親子丼(もち麦ご飯)

牛乳

そら豆のかき揚げ

しそひじきあえ

5月10日(金)の給食

パン

牛乳

ひじきスパゲティ

コーンサラダ

ナッツいりこ

 

 今日は『ひじきスパゲティ』でした。ケチャップ味のスパゲティを食べ慣れている子にとって、今日のしょうゆ味のひじきスパゲティは、食べるのに抵抗がある子もいたようです。

 1年生のクラスにおじゃますると、なかなか箸がすすまない子もいましたが、一口食べると、「おいしい!!」と言ってパクパク食べてくれました。

 給食では、普段食べる機会の少ない料理や食べ物が出ることもあるかもしれませんが、少しずつ食べて、何でも食べられる子に育ってほしいなと思います^^

 

<5月13日(月)の給食>

青大豆ごはん

牛乳

けの汁

いかメンチ

即席漬

 

5月9日(木)の給食

えんどうご飯

牛乳

若竹汁

若鶏のから揚げ

甘酢漬

 

 絹さや、グリンピース、えんどう豆は、成長する過程や食べる部分によって名前が変わります。さやがまだ柔らかい時期にさやを食べるのが「絹さや」、そのあと、少し大きくなり、未熟な状態の豆をさやから取り出して食べるのが「グリンピース」、そして、しっかり成熟した豆だけを食べるのが「えんどう豆」です。
 今日は、えんどう豆を使った『えんどうご飯』で旬を味わいました。

 子どもたちが教えてくれたのですが、えんどうご飯は、某アニメのキャラクターが好きなごはん”だそうです。三津っ子もほとんどの食缶が空っぽで返ってきました^^

 

<明日の給食

パン

牛乳

ひじきスパゲティ