三津っ子日記

6年生 租税教室を行いました

 12月11日(火)第5校時、6年生は租税教室を行いました。松山青色申告会、松山税務署から6名の講師の方々をゲストティーチャーとしてお迎えし、税金の種類や働きについて学習しました。話を聞いたりビデオを視聴したりして、税金が自分たちの身近なところで様々に使われていることを実感しました。クイズの中に出てきた「学校を作るのに約10億円かかり、これも税金が使われている」ということから、「1億円」を実際に持ってみる体験もさせていただきました。本物の1億円と同じ大きさ・重さのレプリカを子どもたち一人一人が抱えてみました。かなりの重さに子どもたちはビックリでした。
 これから6年生は、社会科で政治の仕組みや働きを学習します。この租税教室で学んだ税金の働きを大いに学習に生かしていきたいと思います。