今日の給食

6月20日(木)の給食

カレーライス(もち麦ご飯)

牛乳

ごまドレッシングサラダ

 

 カレーの語源は、インド料理のカリーからきていて、ソースや汁物という意味です。インドでは、肉や野菜を煮込んで、いろいろなスパイスをきかせたさらさらのスープ状のものです。このカレーがイギリスの海軍に伝わりました。船乗りたちが船の上でカレーを食べる時、さらさらだとこぼれてしまうので、小麦粉を入れてとろみをつけました。日本には、江戸時代終わりに横浜に伝えられ、ごはんにかけて食べるようになったのが、今の「カレーライス」の始まりです。
 明治の始めに、じゃが芋、にんじん、玉ねぎを具としたカレーライスが定番となりました。
 今日の給食は、豚肉の入った『カレーライス』でした。全校食缶が空っぽになって返ってきました。

 

<明日の給食>

6月19日(水)の給食

ごはん

牛乳

コーンスープ

じゃがいもといかのケチャップ炒め

日向夏ゼリー

 

 イカは、日本人が最も多く食べている魚介類で、日本の食卓に欠かせない食材のひとつです。焼いたり、揚げたり、炒めたり、幅広く調理ができ、さらに、和食料理にも洋食料理にも中華料理にも合う食材です。
 今日の給食では、イカとじゃがいもをケチャップ味で炒めました。残食ゼロでした。

 

<明日の給食>

6月17日の給食

ごはん

牛乳

みそ汁

あじフライ

甘酢漬

 

 今日は『あじフライ』でした。あじは、味がよいことから「あじ」と名付けられたともされています。尻尾のつけ根から「ぜいご」と呼ばれる硬いうろこがあります。目が澄み、えらが鮮やかな紅色をして、お腹が丸く高く盛り上がっているものが美味しいあじです。

 『明日の給食でも、あじフライ出してほしいな♡』とお願いされるほど、おいしく食べてくれました^^

 

<明日の給食>

6月14日(金)の給食

みかんパン

牛乳

カレースパゲティ

グリーンアスパラガスのサラダ

カミカミチップ

 

「グリーンアスパラガス」は、春の訪れを告げるように地上から真っ直ぐ伸び、太陽を浴びて育つ野菜です。年中お店に並んでいますが、最もおいしい時期は春から初夏にかけてです。
 苗を植えてから1年目、2年目は収穫せず、3年目から高さ20~25センチになったものを収穫します。昼の間に太陽の恵みを受け、夜になると一気に伸びて一日に約5センチも生長します。 
 今日は、旬のグリーンアスパラガスのサラダでした。

 

<6月17日の給食>

6月13日(木)の給食

ごはん

牛乳

厚揚げの中華炒め

カラフルナムル

 

 「きくらげ」は、どこでできる食べ物か知っていますか。くらげという名前から海のものと思われがちですが、倒れた木や枯れ木に発生するきのこの一種です。最大の特徴であるコリコリした食感が、海のクラゲに似ていることから、木に生えるクラゲとして「きくらげ」と名付けられました。普通のきのこと違って、かさや軸がなく、平たく生える形が人の耳に似ていることから、漢字では木の耳と書きます。
 いろいろな料理に使いやすく、炒め物や酢物、汁物などに使われます。
 今日は、『厚揚げの中華炒め』に入っていました。

 

<明日の給食>

6月12日(水)の給食

チキンピラフ

牛乳

クリームスープ

しょうゆドレッシングサラダ

トマト

 

 今日、給食受け室に入ってきた2年生。サンプルケースを見るなり、『トマトだ、やったー! これって、野菜畑のトマト??』と質問してきました。生活科で育てているミニトマトが給食に出ているのかな、と疑問に思ったそうです。かわいい質問にほっこりしました^^

 普段、当たり前のように食べている食事ですが、食べ物がどんな風にできているのかを知ると興味を持って、苦手なものが食べられるようになることもあります。 野菜大好きな2年生になってくれると嬉しいです♡

 

<明日の給食>

6月11日(火)の給食

ごはん

牛乳

磯煮

ししゃものから揚げ

即席漬

 

 漬け物は、野菜などの食材を調味料に漬けて作る、古くから日本に伝わる保存食です。
 「塩漬け」、「酢漬け」、「みそ漬け」、米の殻である米糠を使った「糠漬け」などの種類があります。また昆布やゆず、唐辛子などで風味付けをしたものもあります。野菜以外にも、魚の卵を使った数の子やたらこなども漬け物の仲間です。
 給食にもよく登場するたくあんは、大根を米糠と塩で漬けて作ります。
 今日は、千切りにした、たくあんの入った『即席漬』でした。野菜が苦手でも、たくあんと一緒にあえたキャベツはおいしく食べられた子も多かったようです。

 

<明日の給食>

チキンピラフ

牛乳

クリームスープ

しょうゆドレッシングサラダ

トマト

6月10日(月)の給食

梅ごはん

牛乳

じゃがいものみそ汁

カミカミ揚げ

小松菜のおひたし

 

 今日は入梅の行事食『梅ごはん』でした。「入梅」は、季節の移り目を意味する言葉のひとつです。梅が実る時期なので、「入る」「梅」と書いて「入梅」と読みます。今年は6月11日です。
 
 いつも給食を残さず頑張って食べている子も、苦手な梅干しに苦戦する子もちらほら見られました。梅干しの酸っぱさの素である「クエン酸」には疲れをいやしてくれる効果があり、じめじめした梅雨を元気に乗り切ることができます。食欲がわかないときには、食事に酸味のあるものをプラスしてみてください^^

 

<明日の給食>

ごはん

牛乳

磯煮

ししゃものから揚げ

即席漬

6月7日(金)の給食

パン

牛乳

洋風煮込み

ひじきサラダ

大豆いりこ

 

 生活をしていると、気づかないうちにいろいろな所を触っています。そして手には、見えない汚れもたくさん付いています。トイレに行った後、外から帰ってきたとき、給食の前など、こまめに手を洗いましょう。
 指の間、手首、爪の間などは洗い残しが多い部分です。丁寧に洗いましょう。洗った後は水でよく流し、きれいなハンカチでふきます。毎日必ず、新しいハンカチを用意しましょう。
 パンや果物のように、手で食べるものもあります。正しく手を洗い、きれいな手でおいしくいただきましょう。

 

<6月10日の給食>

梅ごはん

牛乳

じゃがいものみそ汁

カミカミ揚げ

小松菜のおひたし

6月6日(木)の給食

ごはん

牛乳

かきたま汁

若鶏のゆかり揚げ

ボイル野菜

 

 今日は『若鶏のゆかり揚げ』は、鶏肉のから揚げの衣に「ゆかり」を混ぜています。いつも大人気メニューのから揚げですが、「(今日のから揚げよりも)いつものほうが好きかも」という子もいました。(それでも、残さず食べてくれました。)

 暑くなってくると食欲が落ちてきますが、ゆかりなどのさっぱりした味付けは食べやすいので、ご家庭でも試してみてください^^

 

<明日の給食>

パン

牛乳

洋風煮込み

ひじきサラダ

大豆いりこ

6月5日(水)の給食

ごはん

牛乳

野菜たっぷりスープ

ホキのピリカラフル

 

 食事の時間、よく噛むことを意識して食べていますか?

 次のことが当てはまる人は、食事をよくかんで食べることができていないかもしれません。
 ①食べ物をすぐに飲み込み、食事が5分から10分で終わってしまう。
 ②一口で食べる量が多い。
 ③やわらかいものを好んで食べる。
 よくかんで食べると、消化・吸収がよくなるため、胃や腸の働きを助けます。また、脳に満腹の指令をだして食べ過ぎや肥満を防ぎます。

 普段の食事から、よくかむことを意識して食べましょう。

 

<明日の給食>

ごはん

牛乳

かきたま汁

若鶏のゆかり揚げ

ボイル野菜

6月4日(火)の給食

牛めし

牛乳

豆腐汁

ちくわの磯辺揚げ

酢物

 

 今日は、『三重県の味めぐり』献立でした。
 三重県は、温暖な気候で、地形にも恵まれていることから、たくさんの農産物があります。その中でも、松阪地方、伊賀地方で育てられる和牛は「松阪牛」「伊賀牛」として有名です。牛は江戸時代頃まで、田畑を耕したり荷物を運んだりするために飼われていました。しかし、時代の変化とともに食生活も変わり、牛肉が食べられるようになりました。三重県の「松阪牛」や「伊賀牛」は、肉質がよいため、今では世界に誇るブランド牛として有名です。
 今日は、牛肉を使った「牛めし」を味わいました。

 

<明日の給食>

ごはん

牛乳

野菜たっぷりスープ

ホキのピリカラフル

6月3日(月)給食

豚玉丼(もち麦ご飯)

牛乳

変わりきんぴら

(袋)小魚

 

 明日、6月4日から10日までの1週間は、「歯と口の健康週間」です。歯の病気を予防し、早く見つけて治療することにより、一生自分の歯で食べて、健康になることを目的としています。
 今日の給食の『変わりきんぴら』や『小魚』は、かみごたえのある料理でした。よくかんで食べることは、歯や口の中だけでなく、全身の健康にもかかわってきます。普段の食事でも、よくかんで食べることを意識してほしいなと思います。

 

<明日の給食>

牛めし

牛乳

豆腐汁

ちくわの磯香揚げ

酢物

5月31日(金)の給食

パン

牛乳

カレービーンズ

茎わかめのサラダ

トマト

 

<6月1日の給食>

豚玉丼(もち麦ご飯)

牛乳

茎わかめのサラダ

(袋)小魚

5月30日(木)の給食

ごはん

牛乳

はちはい豆腐

えびの緑茶衣揚げ

磯あえ

 

 今日のあえ物は「いそあえ」でした。子どもたちに、使われている食材を聞くと、『わかめ!』と答える子が多かったのですが、「のり」が使われていることを教えると意外そうな反応でした。

 給食では、いろいろな食材を使って給食を作っています。献立表には毎日の使われている食材が書いてありますので、確認してみてくださいね。

 

<明日の給食>

パン

牛乳

カレービーンズ

茎わかめのサラダ

トマト

5月29日(水)の給食

ごはん

牛乳

高野豆腐の中華炒め

バンサンスー

河内晩柑

 

 今日の果物は、河内晩柑でした。愛媛県では南予地方で多く生産され、「宇和ゴールド」や「愛南ゴールド」とも呼ばれています。

 黄色い皮の色から、レモンのようにすっぱいのでは?と思っていた子どもも多かったようですが、食べ終わった後は、『おいしかった!』『甘かった』という感想をたくさん聞きました。『(薄皮ではなく)外側の皮も食べました』(?!)という子もいました。

 さわやかな香りとともに味わっていただきました^^

 

<明日の給食>

ごはん

牛乳

はちはい豆腐

えびの緑茶衣揚げ

磯あえ

5月28日(火)の給食

ごはん

牛乳

玉ねぎのみそ汁

ホキのゆかり揚げ

切干大根とひじきの煮物

 

<明日の給食>

ごはん

牛乳

高野豆腐の中華炒め

バンサンスー

河内晩柑

5月27日(月)の給食

ハヤシライス(もち麦ごはん)

牛乳

こんぶサラダ

 

 「こんぶ」は、わかめやひじきなどと同じ海そうで、海の岩などに生えています。日本でとれる昆布のうち、90%以上が北海道でとれます。
 こんぶには、グルタミン酸といううまみ成分が含まれており、和食に欠かせない「出汁」をとることができます。その他にもおでんや煮物に入れて煮込んだり、佃煮にしたり、とろろ昆布や塩昆布に加工されたりします。
 また、「喜ぶ」にちなんで縁起のよい食べ物とされ、おせち料理などの行事食によく使われます。
 今日は、細く切った昆布入りの『こんぶサラダ』でした。

 

<明日の給食>

ごはん

牛乳

玉ねぎのみそ汁

ホキのしそ揚げ

切干大根とひじきの煮物

5月24日(金)の給食

パン

牛乳

チャウダー

フレンチサラダ

きなこ豆

 

 今日はみかんの入ったフレンチサラダでした。おじゃましたクラスでは『おいしい♡』と好評でした。「ミカンジュースもドレッシングに入れているよ」と伝えると、びっくりした様子でした。柑橘類をいれると甘い中にもさわやかな風味に仕上がります。これから暑くなってくる季節にぴったりです。ご家庭でもぜひ取り入れてみてください。

 また、今日のチャウダーは、にんじんが花や魚(?)などいろいろな形にくり抜かれていたようで、そのにんじんが入っていた子は最後まで大事そうに残していました^^

 

<5月27日の給食>

ハヤシライス(もち麦ご飯)

牛乳

昆布サラダ

5月23日(木)の給食

ベーコンライス

牛乳

卵スープ

鯛の香り煮

 

 今日も全校的によく食べていました^^

 ベーコンライスのグリンピースは、苦手な子もいたようで、「頑張って食べたんだけど・・・」と申し訳なさそうに残しに来る子もいました。

 少しずつ、食べ慣れていってほしいなと思います。

 

<明日の給食>

パン

牛乳

チャウダー

フレンチサラダ

きなこ豆