今日の給食

7月17日(水)の給食

媛麦パン

牛乳

じゃがいもとソーセージの煮込み

ドレッシングサラダ

コーン

 

 今日は、『G20愛媛・松山労働雇用大臣会合に関連したドイツの献立』で、ライ麦の代わりに媛麦を使った『媛麦パン』と『じゃがいもとソーセージの煮込み』でした。
 ドイツは、寒い地域が多く、長く厳しい冬を暮らすために、保存食の文化が発達しました。その代表が、ソーセージです。また、ドイツでは、じゃがいもがたくさん栽培されており、国民的食物として、様々な料理に使われています。さらにドイツはパン王国としても有名です。ライ麦や全粒粉を使った栄養豊富なパンなど、1500種類以上ものパンがあります。

 今日は給食の煮込み料理でよく使うウインナーとは違う形で珍しかったのか、ウインナーの数を数えながら嬉しそうに食べている子もいました^^

 

<明日の給食>

7月16日(火)の給食

ごはん

牛乳

なすのみそ汁

ホキのアーモンド揚げ

いそあえ

 

 今日は、『とれたて感謝の日』でした。とれたて感謝の日とは、松山市でとれた野菜を使って、給食をつくる日のことです。「松山長なす」は、「まつやま農林水産物ブランド」に認定されています。
 松山長なすは、40センチを超えるとても長いなすです。種が少なく、皮も実も柔らかく甘みがあり煮物、揚げ物、焼き物といろいろな料理に使われます。長なすの栽培には、台風などの雨風が少なく、安定した気象条件が必要とされていて、昔から松山長なすは、松山城が見える範囲内が一番適した土地だといわれてきました。
 今日の給食は、「松山長なす」を使った『なすのみそ汁』でした。なすが苦手な子も、小さく切られたみそ汁のなすを見て「これなら食べられる!」と食べてくれました。

 

<明日の給食>

第1回学校保健委員会を開催しました

 12(金)14:30から、NTTドコモ 合田 恵 様を講師にお招きし、「スマホ・ケータイ安全教室」と題した講話を行っていただきました。
 最近の子どもたちがスマホやインターネットでどのようなサービスを利用しているかについてお話していただいた後、再現ビデオを使って、コミュニケーションツールを巡るトラブルの起こり方や投稿サイトを利用した際の危険性などを具体的にお話していただきました。
 参加された約30名の保護者の皆様も改めて、スマホやインターネットの危険性を理解するとともに、保護者を含め子どもたちの身近にいる大人の役割の大切さを再認識されていました。

 

7月12日(金)の給食

ごはん

牛乳

じゃがいものカレー風味

若鶏のから揚げ

しょうゆドレッシングサラダ

7月11日(木)の給食

ごはん

牛乳

マーボーなす

えびの天ぷら

切干大根の中華サラダ

 

 今日は旬のなすを使った『マーボーなす』でした。

 なすが苦手な子もたくさんいましたが、「なすのぐにゅっとした部分は水分がたくさんあって、汗をたくさんかく夏にぴったりの食べ物だよ」と伝えると「へぇ~!」といいながら、頑張って食べてくれました。

 夏野菜は水分がたくさん含まれており、ほてった体を冷やしてくれます。暑くなるこれからの時期、ぜひご家庭でも夏野菜をとりいれてみてください^^

 

<明日の給食>

7月10日(水)の給食

パン

牛乳

キャベツとベーコンのスープ

チリコンカン

すいか

 

 今日は、G20愛媛・松山労働雇用大臣会合に関連したアメリカの献立でした。そして、果物はスイカでした。

 今日のスイカは甘くて、子どもたちも喜んで食べてくれました^^

 

<明日の給食>

7月9日(火)の給食

キーマカレー(もち麦ご飯)

牛乳

茎わかめのサラダ

トマト

 

 今日は、G20 愛媛・松山労働雇用大臣会合に関連した『インドの献立』です。
 インドは大変広い国で、地域、民族、宗教によって食文化も様々です。ナンやチャパティというパンを主食にする北インド料理と、日本と同じように米を主食にする、南インド料理に大きくわけられます。また、スパイスを多く使うこともインド料理の特徴です。スパイスというと、辛いというイメージがありますが、スパイスは大きくわけて香りつけ、色つけ、辛味つけの3つの効用があります。インドの家庭では、家族の健康にあわせてスパイスを調合し、各家庭オリジナルのスパイスがあるそうです。
 今日の給食はひき肉を使った『キーマカレー』をいただきました。

 

<明日の給食>

7月8日(月)の給食

たちうお飯

牛乳

沢煮わん

夏野菜のかき揚げ

 

 今日のかき揚げは、夏野菜のゴーヤ・かぼちゃ・おくらが入っていました。少し苦みのあるゴーヤも、甘いかぼちゃと一緒においしくいただきました^^

 

<明日の給食>

7月5日(金)の給食

パン

牛乳

夏野菜のスパゲティ

イタリアンサラダ

 

 今日は、『G20 愛媛・松山労働雇用大臣会合に関連したイタリアの献立』です。
 イタリアは、南北に長い国のため、地域によって様々な料理の特徴があります。また、昔は1つの国ではなかったため、ナポリ料理やジェノバ料理など、その地域ごとに郷土料理があります。
 日本でのイタリア料理には、オリーブオイルやトマトが使われていることが多いですが、これは南イタリアの特徴で、北イタリアではバターや生クリームを使用する料理が多いそうです。
 今日はオリーブオイルを使った『夏野菜のスパゲティ』と『イタリアンサラダ』でした。サラダには赤パプリカが入っていて色どりがきれいでした^^

 

<7月8日の給食>

 

7月4日(木)の給食

とうもろこしおこわ

牛乳

すまし汁

鮭とじゃがいもの野菜あんかけ

 

 今日は北海道の味めぐり献立で『とうもろこしおこわ』と『鮭とじゃがいもの野菜あんかけ』でした。

 北海道は、広大な大地と涼しい気候に恵まれおり、たくさんの農産物が収穫されます。中でも、とうもろこしの生産量は日本一で甘みが強いのが特徴です。じゃがいもは、多くの品種が栽培されており、特に冬の間、冷蔵室や雪の下で保管されたものは甘く熟成して出回ります。
 また、北海道は漁業が盛んで、鮭の水揚げ量は、日本一です。鮭は、捨てるところがない魚といわれており、身は、ちゃんちゃん焼き、石狩鍋などの料理に使われ、卵は、イクラとして食べられています。
 とうもろこしが苦手な子は、おこわを食べるのに苦戦したみたいですが、きれいに完食していました^^

 

<明日の給食>

7月3日(水)の給食

バーガーパン

牛乳

野菜スープ

ハンバーグ

ボイル野菜

 

 今日は『G20愛媛・松山労働雇用大臣会合に関連したアメリカの献立』です。
 「ファストフード」とは手軽に手早く食べられる食事という意味があります。第2次世界大戦ごろのアメリカで、働く人々が短時間でエネルギーを取り入れられる食事はないかと考え作られました。そのため、ハンバーガーやホットドックのように主食のパンと主菜の肉や魚を一度に食べられたり、サンドイッチやフライドチキンのように片手で食べられたりするような工夫がされています。
 中でもハンバーガーは日本でも親しまれているファストフードです。
 今日の給食では、『バーガーパン』を手で割り、そこに『ハンバーグ』と『ボイル野菜』を挟んでいただきました。

 大きな口を開けておいしそうに食べてくれました^^

 

<明日の給食>

7月2日(火)の給食

ビビンバ(麦ごはん)

牛乳

卵スープ

冷凍パイン

 

 今日は、9月1・2日に行われる、G20愛媛・松山労働雇用大臣会合を記念した献立で、韓国の料理が登場しました。韓国は日本と同じお米を主食とし、キムチのように唐辛子を使った、辛い味付けの料理や、スープ料理が多くあります。
 今日の給食は、少しピリ辛に味付けした具をご飯に乗せて食べる『ビビンバ』と『卵スープ』でした。冷たいパインとともに、教室ではあっというまにぺろりと食べていました^^

 

<明日の給食>

7月1日(月)の給食

五穀米入りごはん

牛乳

そうめん汁

若鶏の甘辛煮

 

 今日は七夕の行事食で『そうめん汁』でした。
 七夕は、中国から伝わった行事です。中国には、「さくべい」という縄状の形をした、小麦粉と米粉でできたお菓子があります。七夕に「さくべい」を食べると一年間病気をせず、元気に過ごせるという伝説があります。それが日本に伝わり、やがて「さくべい」が「そうめん」に姿をかえました。
 一年間健康で過ごせるように願いを込めていただきました。

 

<明日の給食>

6月27日(木)の給食

ごはん

牛乳

切り干し大根のうま煮

いわしの梅煮

おひたし

 

 今日のいわしの梅煮は好評でした。いわしを食べ終わっても、バットに残ったタレをごはんにかけて、おいしそうに食べている顔が印象的でした^^

 

<明日の給食>

6月26日(水)の給食

黒糖パン

牛乳

わかめスープ

鶏肉のトマトソース煮

フライドポテト

 

 今日はどのメニューも子どもたちに人気でした^^

 

<明日の給食>

6月25日(火)の給食

ごはん

牛乳

じゃがいものそぼろ煮

アーモンドあえ

 

 じゃが芋いもといえば、ゆでるとホクホクして、粉ふき芋やポテトサラダにむいている「男爵」と、煮くずれしにくく、おでんやフライドポテトにむいている「メークイン」が有名です。    
 日本全体でとれる7割以上のじゃが芋が北海道で栽培されています。今出回っているじゃが芋には、九州など暖かい地方で、冬に植えられたものを収穫した「新じゃが芋」もあります。収穫後すぐに出荷される、皮が薄くてみずみずしいじゃが芋です。
 今日の給食は、『じゃが芋のそぼろ煮』した。ほくほくしたじゃがいもを味わっていただきました。

 

<明日の給食>

6月24日(月)の給食

コーンピラフ

牛乳

ミネストローネ

たらのレモン煮

 

 食事のときに、「いただきます」と「ごちそうさまでした」のあいさつをしていますか?
 この2つの言葉は、命ある食べものをいただくことや、料理を作ってくれた人などに対して、感謝の気持ちが込められた言葉です。
 また、食品が届くまでには、農家の人が農作物を栽培して収穫したり、漁師さんが魚介をとったり、食品を工場に運んで加工したり、店に運んだり、さまざまな人たちの関わりがあります。食べものや食事づくりに関わる、多くの人に感謝の気持ちを忘れず、心を込めて食事のあいさつをしましょう。

 

<明日の給食>

6月21日(金)の給食

パン

牛乳

ポークビーンズ

こんぶサラダ

メロン

 

 今日の果物は「メロン」でした。メロンは、香りが高く、甘みがあり、「果物の王様」と呼ばれています。旬は5月から8月頃で、九州地方から北海道まで広い地域で栽培されています。
 メロンの皮の網目模様は、生長するときに表面がひびわれ、中から果汁がしみだして固まってできたものです。網目模様がきれいなメロンは、順調に生長できたあかしであるため、網目模様が均一になればなるほど、おいしいメロンと言われます。
 今日は、「タカミメロン」という品種でした。おじゃました教室では「おいしい♡」と幸せそうな顔でおいしく食べてくれていました。

 

<6月24日の給食>

6月20日(木)の給食

カレーライス(もち麦ご飯)

牛乳

ごまドレッシングサラダ

 

 カレーの語源は、インド料理のカリーからきていて、ソースや汁物という意味です。インドでは、肉や野菜を煮込んで、いろいろなスパイスをきかせたさらさらのスープ状のものです。このカレーがイギリスの海軍に伝わりました。船乗りたちが船の上でカレーを食べる時、さらさらだとこぼれてしまうので、小麦粉を入れてとろみをつけました。日本には、江戸時代終わりに横浜に伝えられ、ごはんにかけて食べるようになったのが、今の「カレーライス」の始まりです。
 明治の始めに、じゃが芋、にんじん、玉ねぎを具としたカレーライスが定番となりました。
 今日の給食は、豚肉の入った『カレーライス』でした。全校食缶が空っぽになって返ってきました。

 

<明日の給食>