三津っ子日記

6年生 夢プロジェクト~働く人からお話を聞こう~

 今日は、スペシャルゲスト3名(小池 哲様、小池夏美様、重藤大地様)をお迎えして、働くことについてのお話を聞かせていただきました。3人の皆様には、お忙しい中、貴重なお話をしていただきました。お話を聞いた後に、たくさん質問をすることで学習を深めることができました。この学習を生かして、さらに自分たちの生き方について考えを広げていきたいと思います。

今日のわくわく0715

2校時5年生「小数のわり算」

 小数のわり算の筆算の技能を高めました。個々に少しずつ高くなっています。明日は、小数の入った割合でわり算を生かす学習を行います。

 

3校時3年生「おおきな数」

 数直線の学習を行いました。大事なポイントは、1めもりがいくつかです。それを見つける方法を考え、その方法で1めもりの大きさを見つけました。今日も3年生は一生懸命学びました。

 

4校時4年生「垂直・平行と四角形」

 四角形の垂直と平行を調べ、図を示しながら、説明する活動を行いました。かなり、理解が深まりました。

 

5校時6年生「分数のわり算」単元テスト

 6年生の頑張りを評価する時間です。明日、テストを返します。

第1回三津浜っ子を守り育てる会を行いました!

 本日16:00から標記の会を行いました。この会は、「三津浜小学校の児童が校内外の生活において、望ましい生活態度がとれるように支援するとともに、地域で子どもを見守り育てていこうとする意識の向上を図る」ことを目的として、年3回開催されています。今日は、三津浜公民館長様をはじめ、学校評議員の皆様、高齢クラブ連合会長様、社会福祉協議会長様、まちづくり協議会長様の地域の皆様、三津浜中学校生徒指導主事様、PTA執行部の皆様、そして校長はじめ本校職員が参加しました。
 まず、「新型コロナウイルス感染症防止対策」により特別な対応となった1学期の学校生活を振り返った後、夏休みの留意点、まだまだ注意の必要な「新型コロナウイルス」の感染防止対策、地域や家庭での子どもたちの様子などについて活発な意見交換が行われました。改めて「三津っ子」は、多くの方々に支えられ・見守られていることを実感しました。お忙しい中、本日の会に参加していただいた皆様、本当にありがとうございました。


 

今日のわくわく0714

2校時5年生「小数÷小数」

 とにかくわり算の筆算の技能を高めました。整数のわり算の苦手な子も一生懸命頑張りました。小数になると、小数点を動かしたり、商を概数で表したり、あまりを出したりと、整数のわり算に少しプラスされます。明日もさらに頑張ります。

 

3校時6年生「分数÷分数」

 明日の単元テストに向けて最後の復習をしました。6年生の集中力には感心です。効果的に学習を進め、相互に教え合うこともできます。共に伸びる6年生です。明日のテストが楽しみです。

 

4校時4年生「垂直・平行と四角形」

 垂直と平行の定義について理解した後、長方形の垂直と平行について調べました。「長方形は、隣り合う辺は垂直、向い合う辺は平行」と結論付けました。でも、まだまだ定着していないので、明日から理解を深め定着を図ります。

3年生自転車教室

 7月14日(火)の5・6校時に自転車教室を行いました。当初は4月末に予定されていましたが、臨時休業の影響で本日の実施となりました。

 はじめにパネルを使って自転車で道路を通行する際に気を付けることを教えていただきました。その後、実際に自転車に乗って、手信号や一時停止を体験しながら、コースを走りました。手信号は初めてで、戸惑っていた児童も多くいましたが、都市交通計画課や交通安全協会、三津浜地区交通指導員の皆様のご指導・ご協力のおかげで有意義な活動となりました。
 また、急なお願いにもかかわらず、快く自転車の貸し出しに協力いただき、本当にありがとうございました。

 

1年生 正しい道路の歩き方を教えてもらったよ

   1年生は、松山西交通安全協会の方や三津浜地区交通指導員の方などに来ていただいて、道路の正しい歩き方の学習をしました。
横断歩道は、右、左、右を見て、右手を挙げて渡る、横断歩道を渡っているときも、車が来ていないか見る、踏切では、右、左、右を見て、遮断機の音がしていないか聞くなど、大事なことを教えていただきました。コースを3回歩いたので、しっかり習得することができました。
 
これからはもっと上手に道路を歩きます!   

 

 

 

 

 

 

  

1年生と4年生が一緒に遊びました

 お知らせが遅くなりましたが、7月9日(木)の昼休みに、1年生と4年生が体育館で仲良く交流遊びをしました。
1年生の希望を聞いて、遊びの内容は「転がしドッジボール」と「しっぽ取りおにごっこ」にしました。
「転がしドッジボール」では、ボールを2つ、3つに増やすと、4年生も大慌て。1年生に当てられて苦笑いをしていました。

 後半は、「しっぽ取りおにごっこ」です。縦割り班ごとに紅白に分かれて対戦しました。しっぽを取られると「おに」の仲間になるというルールです。
  
あっという間に、「おに」のチームが増えました。その中で、最後まで逃げ切った1年生が、紅白とも2~3人いました。立派!
1年生も4年生も、笑顔満開で楽しく遊びました。また、機会を見て、一緒に遊べるといいですね。

今日のわくわく0713

2校時3年生「1億までの数」

 今日も数のしくみを調べました。例えば「3456 7892は、1000万を3こ・100万を4こ・・・・十を9こ・1を2こ あわせた数です。」といった言い方と2つの数の大きさ比べです。大きさ比べは、「同じ位の数字を比べ、同じ位の数字が大きい数字が大きい」という見付け方を利用しました。「38000と36000は、万の位は3で同じ。千の位は8と6で8の方が大きいから38000が大きい。」ということです。明日は、自転車教室のために算数はありません。

 

 

3校時6年生「分数÷分数」

 「単位量あたり」の問題で、単位量と何倍(割合)を求める問題に取り組みました。ずいぶん考えが定着し、問題に対しての理解がスムーズになってきています。何が基準で、何が割合で、何がくらべる量か、そして、何を求める問題かを判断し、立式して解答します。明日、1時間復習をして、明後日の単元テストに挑みます。

 

4校時4年生「垂直・平行と四角形」

 垂直と平行について学びました。垂直は「直角に交わる2本の直線の関係」平行は「交わらない2本の直線」としてまとめました。今日は「垂直」を中心に学びました。明日は「平行」について理解を深めます。

 

5校時5年生「小数÷小数」

 2.4÷3.2などのわり算の筆算にチャレンジしました。例のような割り切れる問題で、わる数を整数にすることから小数点を動かして筆算をします。なかなか手ごわいですが、一生懸命取り組んでいます。明日はさらに難関の商が割り切れない場合、概数にする問題に挑戦します。

1年生と3年生が交流遊びをしました。

 13日(月)の昼休みに1年生と3年生が交流遊びをしました。3年生は、1週間ほど前からどんな遊びなら1年生も楽しんでもらえるか話し合い、ルールも考え、2つの遊びをすることになりました。

 はじめに「だるまさんの一日」をしました。鬼が「転んだ!」と言うところを「寝た!」「ジャンプした!」と言い換え、その他の子どもたちは、その通りの動作をします。子どもたちは真剣ですが、横から見ていると、みんなが一斉に寝転ぶなど、とてもユーモラスでした。

 次にしっぽ取りをしました。追いかける鬼(6名の3年生)も、逃げる子どもたちも、全力で走り、終わったときには、みんな汗でびっしょりでした。

 1年生に満足してもらい、3年生も笑顔一杯になりました。

 

今日のわくわく0710

2校時5年生「小数÷小数」

3校時3年生「大きな数」

4校時4年生「1億をこえる数」単元テスト 

5校時6年生「分数÷分数」

今日のわくわく0709

2校時3年生「大きな数」

 1億までの数のしくみについて、いろいろな面から調べました。「34413は、10000を3こ 1000を4こ 100を4こ 10を1こ 1を3あわせた数」や「14825を読んだり漢字で書いたりする学習」「10000を5こと100を2こあつめた数は50200」など大きな数のしくみについて理解することができました。

 

3校時5年生「小数÷小数」

 わり算のわる数と商の関係を調べました。わる数が「1より大きい場合」「小さい場合」「等しい場合」にそれぞれ、「商はわられる数より大きい」「小さい」「等しい」ことを調べ理解しました。今日は、全員理解することができました。明日、しっかり定着しているか調べ、小数÷小数の筆算を学習します。

 

4校時6年生「分数÷分数」

 分数÷分数でこれまでの復習と文章問題に取り組みました。その中で、速さも単位量あたりの考え方で考えることができることを学び、文章問題に生かすことができたようでした。

5校時4年生「1億をこえる数」

 教科書と学習帳を使って、単元の復習を行いました。読み方や書き方、数のつくりなど様々な面から1億をこえる数を追究しました。明日は単元テストです。がんばりましょう!!。

しゃぼん玉遊びをしたよ

 梅雨の晴れ間の7月8日、1年生は、生活科の「なつがやってきた」の学習で、しゃぼん玉と遊びました。
初めはストローでゆっくり吹いていましたが、そのうち、うちわの骨でたくさんのしゃぼん玉を飛ばしたり、針金ハンガーやモールの輪で大きなしゃぼん玉を作ったり・・・
子どもたちは、友達に大きなしゃぼん玉の作り方を教えたり、道具を貸したりしながら、何度も何度も挑戦していました。
青空に飛んでいくしゃぼん玉を追いかけていく1年生は、とてもかわいらしかったです。
夏休みにぜひまた挑戦してみてください。道具等のご協力、ありがとうございました。


 

1年生と5年生が交流遊びをしました!

 7日の昼休み、1年生と5年生が交流遊びをしました。
 5年生は、1年生に喜んでもらうには何をすればよいか話し合い、計画的に準備をしてきました。
 当日の進行も5年生が自分たちで行いました。
 最初は「ライン鬼ごっこ」をしました。
 逃げる人は体育館のラインの上しか走れないという、少し変わった鬼ごっこです。
 1年生と5年生が入り交じって、元気に体を動かしました。
 続いて「◯・✕クイズ」をしました。
 三津浜小学校の校舎に関するクイズや先生に関するクイズを出題し、1年生に楽しんでもらうことができました。
 最後の感想発表でも、1年生から「楽しかった」という声が聞けたので、5年生も満足そうな表情を浮かべていました。


 

今日のわくわく0708

2校時4年生「1億をこえる数」

 3けた×3けた・3けた×4けたの筆算を行いました。数字に「0」がある場合の計算の工夫(より「早く・簡単・正確」の「は・か・せ」)を見つけ、その方法で計算をして一応全員できました。4年生は今日も意欲的に学習しました。

 

3校時3年生「大きな数」

 1億までの数を読んだり書いたりしました。どの子も一生懸命ノートに記録し、声を出して読んだり、その読みを漢字にして書いたりすることができました。日記もたくさん書いています。ぜひ、お子さんのノートを見てあげてください。

 

4校時5年生「小数÷小数」

 小数のわり算の工夫は、「小数を整数にする」ことです。そのためには、「わられる数とわる数に同じ数(10や100)をかけても商は変わらない。」というわり算の性質を使います。例えば、1.05÷0.7は、わられる数とわる数に100をかけて、105÷70にして計算します。これなら、これまで学習した方法で計算できるわけです。子どもたちもそれを意識しながら学習を進めることができました。

 

5校時6年生「分数÷分数」

 わり算の中に、整数や小数が入った問題をしました。わり算の基本は、「わる数の逆数をかける」ことです。そして、整数や小数がある場合は、整数や小数を分数に直してから計算することがポイントです。それさえできればあとは分数×分数になります。子どもたもそれを意識しながら計算することができていました。

今日のわくわく0707

七夕です。

2校時5年生「小数÷小数」

 単位量あたり(もとにする量・基準)を求めるには、くらべる量を割合(何倍)でわります。その際、くらべる量や割合が小数の場合、「小数÷小数」になるわけです。その考えを子どもたちに何度も確認して定着を図りました。この考えを理解定着してほしいと思います。

 

3校時6年生「分数÷分数」

 6年生も5年生と同じ内容ですが、違うところは、数字が小数ではなくて分数だというところです。6年生は単位量あたりの考えがしっかりしてきました。今日は、分数÷分数で帯分数や整数が入った計算へと進みました。わる数の逆数をかけるができていなくて答えを間違える場面があったのでそこを重点的に指導しました。また、約分を常に意識することも重要だと伝えています。明日は小数の入った計算を学習します。

 

4校時4年生「一億をこえる数」

 0から9までの10この数字を使ってできる10けたの数の内、小と最大の数を見つける学習をしました。また、1億をこえる数のたし算・ひき算・かけ算をして、たし算の答えを「和」、ひき算の答えを「差」、かけ算の答えを「積」、わり算の答えを「商」ということを学びました。計算は1通り全員合格しました。

 

5校時3年生「時間と時こく」

 これまでの学習を教科書と学習帳を使って復習しました。何時から何時までの時間や何分後や何分前の時刻を求めました。教科書は全員合格しました。学習帳の残りはお家で頑張るとのことです。明日からは、大きな数の学習に入ります。

今日のわくわく0706

2校時3年生「時こくと時間」

 時間の求め方と時間を分に分を秒に変える学習を行いました。ドリルを行い、定着を図り、できた子どもから教科書56・57に取り組みました。途中で時間になったので、明日、完成させる予定です。

 

3校時6年生「分数のわり算」

 「3分の1dLで5分の3㎡ぬれるペンキは1dLでは何㎡ぬれるか」の解決に臨みました。考え方の基本は、「単位量あたり」を求める問題であることです。3分の1は1の3分の1倍、5分の3㎡はくらべる量であることを理解し、単位量あたり=くらべる量÷何倍なので、3/5÷1/3です。立式ができたら、計算方法です。結論は「わる数の逆数をかける」です。この結論の理由を作成した図とわり算の性質を使って考えました。全員が理解することはできなかったので、明日、さらに理解を深めます。

 

4校時4年生「一億をこえる数」

 1億をこえる数のしくみの学習を深めました。「1億は1万の1万倍。1兆は1億の1万倍。1兆を1万でわると1億、1億を1万でわると1万」を全員理解しました。その後、「30億」や「4兆」を10倍した数、100倍した数や10でわった数、100でわった数を書く学習を行いました。まだ、十分に定着していないので明日はその練習から始めます。

 

5校時5年生「小数のわり算」

 考え方の基本は、「単位量あたり」を求める問題であることです。「1m60円のりぼんの3.2mのねだん」や「3.6mが108円のりぼんの1mのねだん」を求めます。似たような問題ですが、全く異なる問題です。その理解を進めました。また、108÷3.6の計算の仕方を3通り考えました。すべて小数を整数として考える方法です。まだ不十分なので、明日全員が説明できるよう学習を進めます。 

 

今日のわくわく0702

2校時3年生「時こくと時間」 

 新しい単元に入り、メンバーも入れ替わりました。今日は時こくと時間のちがいや時こくの読み方、時間の求め方などを学習し、お家の方に学んだことを伝える日記を書きました。お子様のノートを見てあげてください。

 

3校時5年生「小数÷小数」

 単位量あたりの考え方を学習した後、単位量や割合、くらべる量が小数になる場合があり、小数であっても単位量あたりの考え方が適応します。そのことから、小数÷小数が必要になります。今後もその思考の流れで学習を進めます。

 

4校時6年生「分数×分数」単元テスト

 理解や思考は深まっていますが、約分など分数の表し方が十分でないと感じました。次単元の「分数÷分数」で課題改善に向けて指導したいと思います。

 

5校時4年生「1億をこえる数」

 新単元です。メンバーも替わりました。読み方と書き方の技能を高めるために繰り返し学習を行いました。全員、読み書きができました。大変意欲的に学習することができました。

今日のわくわく0701

1校時2年生「たし算とひき算」特別出演

 自習の時間に2年生の教室にお邪魔しました。プリントを中心に自分たちで学習を進めていました。個人差はありましたが、意欲的に学習に取り組むことができていました。来年からの「わくわくルーム」での学習が楽しみです。

【2年生の学習の様子です。】

 

2校時5年生「小数×小数」単元テスト

 筆算が随分と正確に解答できるようになっていました。

 

3校時3年生「たし算とひき算の筆算」単元テスト

 大変よくできていました。この調子でこれからも頑張りましょう。

 

4校時4年生「一億をこえる数」

 新しい単元に入りました。これまでは、「1億までの数」でしたが、今日からは「1億をこえる数」です。ただ、1億を超えても位取りをしっかりして、読む・書くことが重要です。右から4つずつを「1つのかたまり」としてとらえ、読み、そして書くことができました。明日は、兆を含めた大きな数の仕組みを考えます。

 

5校時6年生「分数×分数」

 復習が十分でないと感じ、本時も復習の時間にしました。学習帳・ドリル・ショートテストを行いました。個々での学習でしたが、さすが6年生。疑問点はしっかり質問し、少しのアドバイスで理解解決することができていました。明日の単元テスト頑張ってほしいと思います。

畑が草原になっていました・・・

 5年生が大豆を育てている畑ですが、気が付けば雑草がすくすく育ち、草原のようになっていました。
 「このままではいかん。!」ということで、畑の草引きをしました。
 熱い中だったので短い時間での作業でしたが、集中して草引きをし、茶色い土が見えるようになってきました!
 これからもこまめに草引きをし、大豆にしっかり栄養が届くよう、お世話していきます!


 

今年度初めての「あいさつ運動」

 新型コロナウイルスの影響で、実施できていなかった「あいさつ運動」を今日から始めました。
  
運営委員会さんが、正門と東門に分かれて、登校してくる子どもたちをあいさつで出迎えました。飛沫を考えて、ソーシャルディスタンスと声の大きさに気を付けながら、気持ちのよい1日の始まりにするために運営委員会の子どもたちは活動することができていました。「今はできない」ではなくて「今だからできる」ことを実践できた「あいさつ運動」でした。