三津っ子日記

今日のわくわく0616

2校時5年生「小数のかけ算」

 最初に、体積の学習で十分にできなかった問題に取り組みました。直方体の容器の容積に関する問題で、たてと横の長さと容積が分かっているときの「深さ」を求める問題です。例えば「容積30Lでたて25cm横40cm」の深さを求めます。ずいぶんできるようになりました。明日、また1問挑戦します。小数のかけ算は、「整数×小数」で3種類の方法で解答しました。基本的な考えは、整数×整数にすることです。理解が十分でなかったので、明日、もう少し学習します。

 

3校時6年生「分数×整数」「分数÷整数」

 単位量の考え方を定着するべく、様々な場面の問題解決に取り組みました。また、分数を小数に、少数を分数に直す学習と「分数÷整数」を作図したり読み取ったりする復習を行いました。明日は、この単元のテストです。

 

4校時4年生「1けたでわるわり算の筆算」

 「たてて・かけて・ひいて・おろして・たてて・かけて・ひいて・0」わり算の筆算の方法です。説明する人と黒板の筆算を指示棒で示す人に役割の分けて練習をしました。明日も練習を繰り返して、定着を図ります。

 

5校時3年生「かくれた数はいくつ」

 かくれた数(はじめの数・ふえた数)を見つける練習問題をしました。線分図をかくことがまだまだ難しいようです。明日、この学習と20÷2や0÷6などのわり算の復習とします。明後日は単元テストです。

今日のわくわく0615

2校時3年生「かくれた数はいくつ」

 「はじめの数」を求める問題と「増えた数」を求める問題をしました。問題文を読んで、線分図をかき、式を考え、答えを求めました。途中で分からなくなった子は、教師にしっかりきくことができて、解決することができました。「みんなができる」ことが大事です。

【児童のノート紹介です。学習の流れがよく分かります。日記もきちんと書けています。】

【児童の日記です。】

3校時6年生「分数×整数」「分数÷整数」

 「ペンキ1dLあたりにぬることができる面積」を単位量といい、それに「ペンキの量」をかけると、「ぬることのできる面積」が求まります。この3つの関係を式にして、その内2つが分かってる場合の残り1つを求めます。その数が整数であれば求めやすいですが、これが分数になるわけです。これから6年生は、このような問題に挑戦していきます。

 

4校時4年生「折れ線グラフ」単元テスト

5校時5年生「体積」「比例」単元テスト

今日のわくわく0612

2校時
4年生「折れ線グラフ」と「1けたでわるわり算」

 わり算と折れ線グラフの復習を中心に個別に学習を進めました。気温と降水量を1つにしたグラフを読み取る問題では、「気温が最も高いのは8月で、降水量が最も多いのは6月。」や「気温が最も高い月と降水量が最も高い月は違っている。」など、しっかりと読み取ることができました。

【自主的に学習を進める4年生です。】

 

3校時3年生「わり算(1)」単元テスト

 「わり算の答えは、わる数段の九九を使ってもとめます。」が、できているでしょうか。また、1人分は?何人に?などの問題に挑戦です。

 

4校時5年生「体積」「比例」復習

 体積は、1㎥が中心です。また、「容積」は「内のり」とセットです。比例は、「Aが2倍3倍・・・となるとBも2倍3倍・・・となるとき、BはAに比例する」という定義をしっかり理解することができました。その上で、Aのある値に対するBの値を求めたり、その反対をしたりして理解を深めました。

【5年生も自主的に復習に努めました。】

 

5校時6年生「分数÷整数」

 単位量あたりの考えから、式を立てます。

(1dLでぬれる面積×ペンキの量=ぬれる面積)は、分数×整数でした。今日は(1dLでぬれる面積)を求めるので、ぬれる面積÷ペンキの量の式になり、わり算になります。そして、ぬれる面積が分数でペンキの量が整数なので、分数÷整数になるのです。

6年生 理科の実験

 学校が再開されてから3週間が経ちました。6年生は、学習の遅れを取り戻すべく、毎日の授業に集中して取り組んでいます。自ら挙手をして自分の考えや問いの答えを発表する児童も増えています。

 今日の3時間目は理科の授業。でんぷんを唾液で分解する実験です。まだ、理科室でみんなで実験をすることができません。教頭先生が模範実験を見せてくれています。予想を立てて、いざ実験。自分の予想が当たると、ガッツポーズで喜ぶ姿に学ぶ楽しさがあふれていました。まだまだ制限がある中ですが、ともに学ぶ楽しい授業を積み重ねていきたいと思います。

全校朝会を行いました。

 今朝、全校朝会を行いました。コロナウイルス感染防止対策をとって、テレビ放送での実施です。今回の全校朝会は、校長先生のお話です。三津浜小学校の教育目標とそれを実践するための方法等を有名なスポーツ選手を例に挙げて話されました。「心豊かに、ゆめきらり輝く 三津浜っ子」 この教育目標に向かって、三津浜小学校はワンチームで進みます。