金属製容器の使用方法による食中毒の発生防止について(注意喚起・情報提供)

 厚生労働省より、以下の点について注意喚起および情報提供がありましたのでお知らせします。

古くなった金属製の容器に粉末清涼飲料水を溶かし保管したものを飲んだことによる、金属の溶出に伴う食中毒事例が発生。
夏期になると、酸性の飲料(スポーツ飲料、炭酸飲料、果汁飲料、乳酸菌飲料など)の摂取が多くなることを踏まえ、次の事項に注意してください。

  1 食品が接触する容器の内部にサビやキズがないか確認する。
  2 酸性の飲み物を長時間、金属製の容器に保管しない。
  3 古くなった容器は、定期的に新しいものに交換する。
  4 取り扱う食品の表示及び注意喚起を確認し、使用する。
以上です。ご家庭におかれましても、十分ご留意ください。