2019年3月の記事一覧

3月20日(水)の給食

ひじきごはん

牛乳

すいとん

かき揚げ

ボイルチンゲン菜

りんまん

 

 今日は今年度最後の給食でした。お祝いデザートは『りんまん』でした。

 りんまんは、江戸時代から伝わる松山の郷土菓子です。松山では、桃の節句であるひな祭りを、一か月遅れの4月3日に祝う習慣があり、昔はそれぞれの家庭で作られていたそうです。今日のりんまんは、愛媛県産の米粉を使ったおもちで、こしあんを包み、上にピンク、黄色、緑のもち米を乗せ、蒸し上げています。
 今日はみなさんの卒業、進級を祝いとして登場しました。
 最後の給食を、友達とお話しながら食べたり、食缶を空っぽにしょう!と頑張っていたり、それぞれのクラスで楽しく給食を食べているようでした^^

 春休みも、3食しっかり食べて元気に過ごしてくださいね。

3月19日(火)の給食

ごはん

牛乳

中華炒め

ナムル

 

 今日はどのクラスも残食ゼロでした^^

 

<明日の給食>

ひじきごはん

牛乳

すいとん

かき揚げ

ボイルチンゲン菜

りんまん

3月18日(月)の給食

ごはん

牛乳

五目煮

ししゃものから揚げ

甘酢漬

 

 今日の五目煮の中には、大豆、たけのこ、ごぼう、にんじん、いんげん、昆布、こんにゃく、鶏肉・・・とたくさんの食材が入っています。箸を上手に使って食べることができているかな?と、1年生のクラスへおじゃますると、4月よりもたくさんの子が箸を正しく持って食べていました!!4月と比べて、準備や片付けもずいぶんとスムーズになり、楽しく給食を食べているようでした。

 正しいマナーで食べることができると、自分も相手も気持ちがいいですね^^

 

<明日の給食>

ごはん

牛乳

中華炒め

ナムル

3月15日(金)の給食

ごはん

牛乳

小松菜のみそ汁

おこのみ天

チンゲン菜のおひたし

 

 「おこのみ天」は魚のすり身とつぶした豆腐にキャベツやタコ、青のりなどの具材をまぜ、ウスターソースで味付けして丸く揚げています。『たこ焼きみたい!!』と人気の一品です^^

 

 

<3月18日の給食>

ごはん

牛乳

五目煮

ししゃものから揚げ

甘酢漬

3月14日(木)の給食

パン

牛乳

イタリアンスパゲティ

フレンチサラダ

いちご

 

 3月は、学年の締めくくりの月です。今の学年で給食を食べるのもあとわずかです。3月に入ってから、6年生は校長先生や、他学年と給食を一緒に食べて思い出を作っています。みんなと一緒に食べる給食は、会話もはずみ楽しい時間になりますね。
 料理を味わうのは、口だけではありません。目で見て、「おいしそうだな」と感じたり、「におい」で感じたり、その場の雰囲気でも感じたりすることが出来ます。
 今年度の給食は、残り4回です。楽しい時間を過ごしてほしいと思います^^

 

<明日の給食>

ごはん

牛乳

小松菜のみそ汁

おこのみ天

チンゲン菜のおひたし

3月13日(水)の給食

ごはん

牛乳

けんちん汁

いかの天ぷら

カシューナッツあえ

 

 カシューナッツは、アーモンドやピーナッツ、クルミ、ごま、栗などと同じ種実類の仲間です。体に良い働きをする脂質を多く含むため、黄色のグループになります。また、鉄分を多く含むため、貧血の予防にも効果的です。
 から炒りしたものをおやつとして食べたり、炒め物や、和え物に使ったりします。
 今日の給食は、小松菜とキャベツの『カシューナッツ和え』でした。

 

<明日の給食>

パン

牛乳

イタリアンスパゲティ

フレンチサラダ

いちご
 

3月12日(火)の給食

カレーピラフ

牛乳

ポトフ

ホキのから揚げ

ひじきサラダ

 

☆三津浜小学校6年生が考えた献立でした!!

3月11日(月)の給食

ふる里の炊き込みごはん

牛乳

ゆば入りかきたま汁

ギョウザ

小松菜のおひたし

 

 今日は栃木県の味めぐり献立でした。

 栃木県は、「ゆば」の産地として知られています。「ゆば」は、大豆から作られた豆乳を加熱してできた薄い膜のことです。栃木県の「ゆば」は、二つ折りにするため、厚みがあります。
 また、栃木県宇都宮市は、「ギョウザ」が有名な町です。宇都宮市で「ギョウザ」が食べられるようになったのは第二次世界大戦後からです。戦争後、「ギョウザ」の本場である中国にいた兵士が、レシピを持ってかえったのがはじまりだとされています。
 今日は、たんぱく質が豊富な「ゆば」が入った『ゆばいりかきたま汁』と、栄養たっぷりの『ギョウザ』でした。

 

<明日の給食>

カレーピラフ

牛乳

ポトフ

ホキのから揚げ

ひじきサラダ

3月8日(金)の給食

ごはん

牛乳

親子煮

ひじきの炒め煮

 

 私たちが普段よく食べている卵は、にわとりから生まれた卵で「鶏卵」といいます。

 メスのにわとりは、産まれて半年ほどで卵を産むまでに成長します。それからほとんど毎日、1つだけ卵を産むことができます。また、にわとりが卵を産むためには、光の刺激が大切だと言われています。太陽の光が出てくる朝に卵を産むのはそのためです。
 今日は鶏肉や他の具材を、卵でとじて煮た、”親子煮”をいただきました^^

 

<3月11日の給食>

ふる里の炊き込みごはん

牛乳

湯葉入りかきたま汁

ギョウザ

小松菜のおひたし

3月7日(木)の給食

媛麦パン

牛乳

もち麦入りミネストローネ

若鶏の香草焼き

しょうゆドレッシングサラダ

せとか

デコポン

 

 もち麦は、米粒よりも少し大きく、粒の真ん中に黒い線が入っていて、もちもちプチプチとした食感が特徴の大麦の仲間です。愛媛県では、松山市の隣に位置する東温市で多く生産されています。
 もち麦は、お腹の腸内環境を整えてくれる食材として、とても注目されています。水に溶けやすい水溶性の食物せんいを豊富に含んでいて、糖質の吸収を抑えたり、免疫力を高めたりするなど、さまざまな働きをしてくれます。今日は、『もち麦入り』ミネストローネでした。

 また、今日はデコポンとせとかで柑橘の食べ比べをしました。写真は、左がデコポン、右がせとかです。味や香りの違いが分かったかな??

 

<明日の給食>

ごはん

牛乳

親子煮

ひじきの炒め煮